足首のシワでチェック|ダウンドッグがラクになる脚の置き方とは

Kenji Yamada

足首のシワでチェック|ダウンドッグがラクになる脚の置き方とは

基本ポーズでありながら、体が力んで辛く感じてしまい、苦手意識を持つ方が多いダウンドッグ。そこで、20人の人気ティーチャーに、ポーズがぐっと楽になる「ゆるめポイント」を教えてもらいました。今回は、安定感のある脚の使い方!

土台(脚)を安定させる方法2つ

足裏全体で床を強く踏み込むと、上半身がリラックス。ポーズを快適にキープでき、脚裏の伸びも深まります。

1.両足の拇指球で床を強く押すと踏み込む力がUP

前重心になると、足先に力が入りつま先立ちに。両足の拇指球で床をしっかり押すと、肩と首が離れて後ろに重心が移動。かかとが床につき脚の裏側を気持ちよく伸ばせます。

Before

ダウンドッグの足のつき方
photo by Kenji Yamada

After

ダウンドッグの足のつき方
photo by Kenji Yamada

教えてくれたのは...管理栄養士・ヨガトレーナー・岡 清華先生

ダウンドッグ
photo by Kenji Yamada

photos by Kenji Yamada
text by Ai Kitabayashi Megumi Nishijima
yoga Journal日本版Vol.55掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ダウンドッグの足のつき方
ダウンドッグの足のつき方
ダウンドッグ
ダウンドッグ足のつき方
ダウンドッグの足のつき方
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する