ダウンドッグで首が力んじゃう時は?|人気ヨガ講師が実践する、ゆるめ方法2つ

Kenji Yamada

ダウンドッグで首が力んじゃう時は?|人気ヨガ講師が実践する、ゆるめ方法2つ

基本ポーズでありながら、体が力んで辛く感じてしまい、苦手意識を持つ方が多いダウンドッグ。そこで、20人の人気ティーチャーに、ポーズがぐっと楽になる「ゆるめポイント」を教えてもらいました。今回は、顔や首がガチガチになってしまう時どうしたらよいか、人気ヨガ講師2名に聞いてみました。

顔&首まわりをゆるめると、ダウンドッグが楽に!

手で体を支えようとすると顔や首がガチガチに。ゆるめ方がわかるとポーズが安定し、心も鎮静されます。

1.顔面のこわばりをほぐしてハムストリングの緊張を解消

硬くなりやすいハムストリングは、実は顔の筋肉と連動しています。息を吐きながら耳を3方向に引っ張るワークを行い顔面をほぐすと、腿裏の柔軟性が高まり膝裏、背中も伸びやすくなります。

佐藤ゴウ
photo by Kenji Yamada

教えてくれたのは...IHTA理事・YMCヨガ講師・佐藤ゴウ先生

ダウンドッグ
photo by Kenji Yamada

photos by Kenji Yamada
text by Ai Kitabayashi
yoga Journal日本版Vol.55掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

佐藤ゴウ
ダウンドッグ
パドミニ
ダウンドッグ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する