人気ヨガ講師が実践!上級アーサナの練習法|3つの座位ポーズを攻略しよう

Shoko Matsuhashi

人気ヨガ講師が実践!上級アーサナの練習法|3つの座位ポーズを攻略しよう

実力派ティーチャーが魅せる上級ポーズはいつも憧れの的。「いったいどんな練習をすればいいの?」という声に応えて、ヨガジャーナル本誌でお馴染みの人気ティーチャーに自慢のポーズと安全で効果的な練習法を教えてもらいました。今回は、座位のポーズ編!

座位の上級アーサナ3つを攻略しよう

下半身が安定した状態でポーズをとるため集中力が高まります。内側に意識を向けて体の伸びや安定を味わって。

1.日時計のポーズ(parivrtta surya yantrasana)

ブロックを使った軽減ポーズで肘で押す力を養い体側を伸ばす

上げた脚を肘でしっかり押すのがポイント。お腹が引き上がって体幹が使え、胸も開いて体側が気持ちよく伸びていきます。

日時計のポーズ
Photo by Shoko Matsuhashi

MY練習法
ねじった片足の前屈ポーズでブロックを使い、肘で押す感覚を覚えて。

日時計のポーズの練習
Photo by Shoko Matsuhashi

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Ai Kitabayashi
yoga Journal日本版Vol.58掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

弓引きのポーズ
がっせきの前屈
合せきの前屈
蓮華座
ダウンドッグ
日時計のポーズ
日時計のポーズの練習
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する