ムキムキではなく引き締まった上腕に|手首を痛めない「サイド腕立て伏せ」とは

PIXTA

ムキムキではなく引き締まった上腕に|手首を痛めない「サイド腕立て伏せ」とは

上半身の筋肉強化のために行われる腕立て伏せですが、やり方を誤ると手首を痛めたり、偏った筋肉のつき方をしてしまうことも...。アレンジを加えた腕立て伏せのやり方を、人気ヨガ講師の柳本和也先生に教えてもらいました。

上腕に効かせる「サイド腕立て伏せ」

腕を両サイドに開いて体から離すことで、手首を痛めず、一般的な腕立て伏せより上腕三頭筋の強化力UP になります。

HOW TO

1.両腕を横に開いて手先も外側に向け、肘の真下に手首がくるようにセット。膝はついたまま上体を持ち上げる。

腕立て伏せ
Photo by IKKEN URAKAWA

横から見ると...

腕立て伏せ
Photo by IKKEN URAKAWA

2.腹部が垂れやすいので肋骨を中に入れ、吸いながらゆっくり上体をおろし、吐きながら上がる、を10回。

腕立て伏せ
Photo by IKKEN URAKAWA

教えてくれたのは...柳本和也先生
バリでヨガと出会い、日本のアシュタンガヨガの第一人者ケン・ハラクマ氏に師事。ヨガ指導のほか、イベントやワークショップへの参加、国内外でのリトリート開催など幅広く活躍中。神奈川・辻堂でudaya yoga studioを主宰。

モデルを務めたのは…メロディー洋子さん
アメリカ・カリフォルニア州出身の人気モデル。多数のファッション誌、広告、ショーなどで幅広く活躍するTOPモデル。ARTISTIC & CO.のイメージモデル。アジア圏で放送中の「Sens Asia」にも出演中!ヨガ歴9年と熱心なヨギでもある。特技は逆転ポーズ。

Photos by IKKEN URAKAWA
Styling by JURIKA.A
Hair&make-up by Kousuke Hori(+nine)
Text by Ayako Minato
yoga Journal日本版Vol.46掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

腕立て伏せ
腕立て伏せ
腕立て伏せ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する