好きな気持ちが止められない!?“重い彼女”にならないためにできること

Getty Images

好きな気持ちが止められない!?“重い彼女”にならないためにできること

伊藤香奈
伊藤香奈
2018-07-20

ひさしぶりの恋愛や新しい恋愛に、心が毎日キュンキュン。「彼のことが大好きすぎるー!」という幸せな状態でも、不安や心配がゼロというわけではありませんよね。例えば「好きすぎて、重たい女と思われていないか心配」だったり「私ばっかり好きな気がする。彼も同じくらい私のことを好きになってほしい」という不安だったり。自分自身が、そういった状態を好んでいれば別ですが、たいていの人はその感情がエスカレートしてマイナス思考になり、やがて疲れてしまうということも少なくありません。スマートな彼女でいるために、こんなことをしてはいかがでしょうか?

01. 重たくないかハッキリ聞く

恋愛において、女性だけでなく男性も、不安になることはあります。「俺のことだけを見ろよ!」という気持ちは、少なからず誰でも持っているはず。だからこそ、あなたが重たすぎるかもと思っているその愛情表現も、彼にとっては嬉しいことかもしれませんよね。相手の気持ちは、やっぱりコミュニケーションを取らないとわからないもの。不安に思うくらいなら「私のこと、ちょっと重たいって思ってる?」と素直に聞いてしまいましょう!「そんなことないよ!うれしいよ!」という答えがくるか「そうだね、ちょっとね…」という答えがくるか…それから考えてみても遅くはありません。

02. どうしてほしいかハッキリ伝える

今、あなたが不安に思っていることは、ハッキリ伝えない限り、彼は絶対に気づきません。下手に遠回しに匂わせてみたり、「友達の話なんだけどね」なんて例え話を出しても、100%ムダです(笑)。愛情表現の仕方も、人の愛し方も、何が正しいということはなく、みんな個性を持っています。メールが1日10件くると愛情深くて、1件だけは愛がない、なんて表面的な行動を自分の物差しで測るのは、大きな間違い。「私はこうしてくれると安心するんだけど、どう?」と、素直に言葉にしてみてはいかがでしょうか?きっと、彼としても新鮮な気づきがあったり、素直に伝える行動を可愛らしく感じてくれたり、いい方向に向かうはずです。

「それ自体が重いんじゃないの?!」と疑う人へのアドバイス

「本当の気持ちを伝えたり、彼の想いを聞いたりすること自体が、重たいオンナのやりそうなことなんじゃないの?!」そんなふうに思ったあなたは、ぜひ、会話にユーモアをプラスすることを忘れないで。こうしてほしいという要求ではなく、「私はこう思っている」という素直さも大切に伝えたいですね。そして、どうしても言いづらい時は、一緒に歩いている時がオススメ。正面を向き合って座っている時より話しやすいし、彼も答えやすいはず!

妄想しないで素直にコミュニケーションを

これから深い関係になっていくにつれて、結婚のこと、家族のこと…聞きづらいけど話し合わなきゃいけないことは、もっとたくさん出てきます。これからの2人の関係を大切に育てていくための練習なんだと楽しむ気持ちを持って、気軽にコミュニケーションを取ってみましょう。

 

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する