背中の力みを解消しよう|しなやかな背中をつくる「キャット&カウ」ポーズの注意点

PIXTA

背中の力みを解消しよう|しなやかな背中をつくる「キャット&カウ」ポーズの注意点

ヨガを行うにあたって、意識して使っていきたいのが背中。背中が力んでいると、太陽礼拝に登場するアップドッグなど、あらゆる後屈ポーズをつらく感じてしまうことも。「キャット&カウ」を、準備運動に取り入れて、しなやかな背中を意識していきましょう。人気ヨガ講師の柳本和也先生に、注意点を教えてもらいました。

しなやかな背中のアーチを描くための準備運動

背中が硬いとアップドッグで首や腰が折れやすく、無理な姿勢でポーズを維持することに。まずは、背中を大きく動かすキャット&カウで、背骨まわりをほぐすウォームアップからスタート。背中がじんわり温かくなったら準備OK!

HOW TO

1.四つん這いになり、肩の真下に手、腰の真下に膝をおく。息を吐きながら、骨盤側から少しずつ背骨を反らし、最後に頭を上げる。

キャットカウ
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

POINT
スタート時にセットした肩と膝の位置を固定。その位置のまま、背骨を上下にダイナミックに動かすことで効率よく背中をほぐすことができる。

2.息を吸いながら、骨盤側から背骨を少しずつ丸めていき、お腹をグッと引き上げる。背中を反る→丸める動きを5回繰り返して。

キャットカウ
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

「キャット&カウ」の注意点

NG①肩が前に出ないようにする

腰を反ると重心が前にのりがちなので、肩が前に出ないように注意して。

キャットカウ
photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

NG②お尻を引かないようにする

背骨を丸めるとき、お尻が後ろに引けるとお腹がうまく上がらないので気をつけて。

キャットカウ
photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

教えてくれたのは...柳本和也先生
バリでヨガと出会い、日本のアシュタンガヨガの第一人者ケン・ハラクマ氏に師事。ヨガ指導のほか、イベントやワークショップへの参加、国内外でのリトリート開催など幅広く活躍中。神奈川・辻堂でudaya yoga studioを主宰。

モデルを務めたのは...池田莉子さん
モデル・ヨガインストラクター。新体操の選手として活躍後、ヨガを学ぶ。現在、モデルとして雑誌や広告、CM、ファッションショーなどに出演するとともに、ヨガ講師としても、ヨガの魅力を広く、楽しく伝えている。

photos by Nobuhiro Miyosh(RELATION)
hair&make-up by Rika Imazeki(P-cott)
text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.55掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

キャットカウ
キャットカウ
キャットカウ
キャットカウ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する