禅✕陰ヨガ✕マインドフルネス!? 香港発「陰陽ヨガ」の魅力

Yin-Yang Yoga

禅✕陰ヨガ✕マインドフルネス!? 香港発「陰陽ヨガ」の魅力

陰ヨガのほか、禅や瞑想についても深く学び、独自のスタイルを生み出したジャネット・ラウ。彼女に、陰陽ヨガの魅力について聞いてみた。

ジャネット・ラウ プロフィール

陰陽ヨガの魅力
陰陽ヨガの創始者、ジャネット・ラウ氏

香港在住中華系カナダ人。陰ヨガをポール・グリリーから、禅と瞑想をティック・ナット・ハンから学ぶ。執筆・チャリティ活動など活動は多岐にわたる。2014年、香港、中国、台湾で著書『Living with Yoga & Mindfulness』を刊行。またプレゼン動画「TEDx九龍」でマインドフルネスに関する講演を行うなど、アジアメディアからの注目も高い。

Q.マインドフルネスを用いた「陰陽ヨガ」を提唱し始めたきっかけとは

「わたしの流派は、ヴィンヤサがもとになっています。ヴィンヤサヨガを長年続けた結果、自分の性格がきつくなっていることに気がつきました。その後、禅や陰ヨガを深く学び、陰という感覚も取り入れて練習を行う必要性を感じ、現在のスタイルを確立しました」(ジャネット・ラウ氏)

Q.とくに実践してみてほしいのはどんな人?

「自分の状態に責任を持ちたい人すべてに。責任というのは、健康管理など肉体的なことだけでなく、感情をコントロールして家族など周囲の人間関係を良好に保つ、といった深い意味です。年齢やヨガの経験は重要ではありません」(ジャネット・ラウ氏)

Q.これまでに行ったクラスやWSでの生徒さんの反応で、印象的なことは?

「死や老化を強く恐れている生徒さんがいましたが、マインドフルネスの実践によって考え方が変わり、老いに対する恐怖が薄れ、『今』を受け入れることができるように。気持ちが安定し、落ち着いた精神を保つ効果があると感じます」(ジャネット・ラウ氏)

  • 2
  • /
  • 2

yoga Journal日本版Vol.44掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

陰陽ヨガの魅力
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する