長く走れる体になる!ラン中の疲れやブレを防ぐ安定力を高めるポーズ

YJ

長く走れる体になる!ラン中の疲れやブレを防ぐ安定力を高めるポーズ

スムーズなランに必要なのは、安定した体幹から繰り出されるブレのない腕や脚の動き。姿勢を支える筋肉をバランスよく鍛えることで、長く走っても疲れにくいフォームを手に入れて。ランヨガ講師の伊藤ゆり先生がレクチャー。

骨盤の位置を 安定させる「ナーヴァーサナ」

背骨と骨盤をつなぎ、脚の引き上げにもかかわるインナーマッスルの「腸腰筋」を強化。骨盤が安定することでフォームの無駄なブレを防ぎ、筋肉の疲労を軽減します。

HOW TO

1.体育座りで姿勢をまっすぐ伸ばし、太腿をお腹に引き寄せる。

ナーヴァーサナの準備

2.両手は太腿に軽く添え、膝下を持ち上げる。体はやや後ろに倒してバランスをとりながら5呼吸。

ナーヴァーサナ

POINT
お腹の上部に力を入れ、両脚を引き寄せる力を負荷にしながら体幹をまっすぐキープ。

 

教えてくれたのは...伊藤ゆりさん

ヨガ講師として活躍しながら、ジョギングインストラクターの資格を活かして「ランヨガ」を指導。月間走行距離はときに200㎞超え&60㎞のウルトラマラソンへの参加経験も有り。

教わったのは...伊藤ニーナさん

2011年GINGERスターオーディションモデル分門にてグランプリを受賞。「GINGER」(幻冬舎)、「CLASSY.」(光文社)など様々な雑誌で活躍中。「TOKYO GIRLS COLLECTION」など大型ファッションイベントにも多数出演している。

Instagram⇒@ninaitoh

Model by Nina Ito
Hair&make-up by Kazumi Kikuchi (P-cott)
Text by Nobuko Okamoto

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ナーヴァーサナの準備
ナーヴァーサナ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する