胸が開けば股関節も開く!壁を使って股関節の可動域を広げる方法

Nobuhiro Miyosh( RELATION)

胸が開けば股関節も開く!壁を使って股関節の可動域を広げる方法

両肘で両膝を押し広げ、股関節を開いていくヨガポーズ「マラーサナ」。壁に上半身を預けると、驚くほど開脚がスムーズに。人気ヨガティーチャーの芥川舞子先生に教えてもらいました。

上半身を壁に預けて胸を開きやすく

胸や股関節回りが硬い人は、体が前傾して内側に閉じやすく、脚を開いて深く腰を落とせません。上半身を壁に預けて胸を開くと、肘で膝が押し広げられ、股関節の可動域が広がります。

あ
壁を使ったマラーサナ Photo by Nobuhiro Miyoshi( RELATION)

HOW TO

1.壁を背に、後頭部・肩甲骨・お尻をつけて立つ。両足を肩幅程度に開き、左右の足先を45度外側に向ける。胸の前で合掌する。

あ
Photo by Nobuhiro Miyosh( RELATION)

2.壁に上半身を預けて、ゆっくり腰を落とし、肘を膝の内側にセット。肘で膝を強めに押しながら、5呼吸キープ。

あ
Photo by Nobuhiro Miyosh( RELATION)

POINT

頭から尾てい骨までを、一直線にキープする意識を持とう。膝と足先は、同じ方向に向ける。

猫背、膝が内側に入るのはNG

猫背になり、膝が内側に入ると股関節が開かず、腰を落とせない。常に背すじを伸ばし、胸を閉じないこと。

あ
Photo by Nobuhiro Miyosh( RELATION)

これはOK

壁に3点をつけたまま腰を落とせない場合は、背すじを真っすぐにしたまま、上半身を壁から少し離す。肘で膝を押し、脚を開いて。

あ
Photo by Nobuhiro Miyosh( RELATION)

教えてくれたのは...芥川舞子先生

ヨガティーチャー・モデル。メディアに多数出演し、大型ヨガイベントの講師を務めるほか、大手スタジオのシニアティーチャーとしても活躍。少人数セミプライベートクラスのクリスタルクリア・ヨガアカデミーを主宰

Photos by Nobuhiro Miyoshi( RELATION)
Hair & make-up by Manami Yaginuma( P-cott)
Text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.56掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あ
あ
あ
あ
あ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する