壁を使って練習しよう!「戦士のポーズ」で反り腰になってしまう人へのアドバイス

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

壁を使って練習しよう!「戦士のポーズ」で反り腰になってしまう人へのアドバイス

戦士のポーズをするとき、腰が沿っていたり猫背になっていたりする人が多いようです。「真っすぐな上体」を意識しても本当に真っすぐになっているかわからないもの。そこで、人気ヨガティーチャー芥川舞子先生直伝の壁を使った練習方法をご紹介。「真っすぐ」の感覚を体に覚えさせましょう。

壁に背面をつけて骨盤を平行にキープしよう

股関節回りが硬いと骨盤がゆがみやすく、脚の動きを妨げます。壁に背面をつけて姿勢を整えると、骨盤がゆがむことなく平行になり、股関節はスムーズに開きます。

あ
ヴィーラバッドラーサナII Photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

HOW TO

1.壁に肩甲骨・お尻・かかとをつけて立ち、足を大きく開く。左足先は左、右足先は軽く内側に向ける。

あ
Photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

2.壁に体をつけたまま左膝を90度に曲げて踏み込み、膝の真下にかかとをセット。両手を肩の高さで左右に広げ、手のひらを下に。顔を左に向けて5呼吸キープ。逆側も同様に。

あ
Photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

POINT

90度に曲げて踏み込んだ膝を内側に倒れないよう壁に近づけると、開脚がよりスムーズに。

これはNG

上半身が壁から離れ、膝が内側に傾くと股関節が開きにくくなる。膝にも負担をかけるので要注意。

あ
Photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

これはOK

壁に3点をつけたままポーズできない場合は、かかとを壁から離す。膝とかかとのラインは一直線に。

あ
Photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

教えてくれたのは...芥川舞子先生

ヨガインストラクター。「芥川舞子ヨガスタジオ」主宰。大手ヨガスタジオのトップインストラクターとして活躍し、指導者育成にも携わる。現在はヨガ指導の他、雑誌、TVCMにも出演し、ヨガイベントの講師も務める。一児の母。

 

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Hair & make-up by Manami Yaginuma( P-cott)
Text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.56掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あ
あ
あ
あ
あ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する