頭立ちのポーズ攻略練習|壁を使ったハーフベンドで体幹の立て方を覚えよう

Nobuhiro Miyoshi( RELATION)

頭立ちのポーズ攻略練習|壁を使ったハーフベンドで体幹の立て方を覚えよう

アーサナの王様とも呼ばれる「頭立ちのポーズ(シールシャーサナ)」は、高難度ポーズの一つ。まずはハーフベンドでトライして。壁を使うと体幹の立て方が覚えやすいのでおすすめ。人気ヨガティーチャーの芥川舞子先生がレクチャーしてくれました。

壁を支えに、体幹と脚を伸ばす

体幹を立てると、安定してしっかり脚を伸ばすことができます。壁をお尻につけて支えにすることで体幹が立ち、お尻~腿裏がストレッチされて、脚の伸びがスムーズに。

あ
壁を使ったシールシャーサナのハーフベンド Photos by Nobuhiro Miyoshi( RELATION)

HOW TO

1.壁の前に正座する。壁の30cmほど手前に肘をつき、両手を組んで手のひらで後頭部を包む。床を両足で蹴り、膝を曲げる。

あ
Photos by Nobuhiro Miyosh( RELATION)

2.腰を後ろに引いて壁にお尻をつけ、壁を押しながら伸ばせるところまで膝をゆっくり伸ばして、5呼吸キープ。体幹を一直線に立てて。

あ
Photos by Nobuhiro Miyosh( RELATION)

POINT

お尻をしっかり壁につけて押すことで、姿勢が安定。首を守るために、肘で床をしっかり押して。

頭と壁の距離が近すぎてはNG

頭と壁の距離が近すぎると、体幹を立たせて脚が伸びるポジションがとれない。

あ
Photos by Nobuhiro Miyosh( RELATION)

教えてくれたのは...芥川舞子先生

ヨガティーチャー・モデル。メディアに多数出演し、大型ヨガイベントの講師を務めるほか、大手スタジオのシニアティーチャーとしても活躍。少人数セミプライベートクラスのクリスタルクリア・ヨガアカデミーを主宰。

Photos by Nobuhiro Miyosh( RELATION)
Hair & make-up by Manami Yaginuma( P-cott)
Text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.56掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あ
あ
あ
あ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する