【相談】「こんなに暑いのに、体が冷えて辛い…」夏の冷え、どう対処すればいい? #毒出し保健室

Photo by webbiz on photo AC

【相談】「こんなに暑いのに、体が冷えて辛い…」夏の冷え、どう対処すればいい? #毒出し保健室

アーユルヴェーダの中で大切にされている考え方をシンプルに言うと、"体に毒を溜めない/毒を排出する"という『毒出し』。 「大きな声ではちょっと言えない」「身近な存在の人には知られたくない」と言った悩み事を抱えていませんか? 体調や心の悩み、人間関係やら恋愛、夫婦やパートナー間のあれこれまで、皆さまの悩ませている毒を溜めずに排出するべく、アーユルヴェーダアドバイザー/ヨガ講師の桑子麻衣子がアーユルヴェーダとヨガの智慧をベースにお悩みに答えます!

今回「毒出し保健室」に来てくれたのは、40代前半の女性。夏なのに寒いとのことで、暮らしまわりのことも含め、色々と聞いてみました。

【今回のお悩み】「夏なのに体が冷える…」

桑子:こんにちは!今日はどんなお悩みでいらっしゃいましたか?

相談者:夏なのに寒いんです。変ですよね?

桑子:なるほど、もうちょっと詳しく聞かせていただけますか?

相談者:外は汗ばむぐらいの気温でも、室内にいると寒いんです。もちろん室内にいるときは冷房にあたっているからということもあると思いますが…靴下を履いていますが効果がありません。

桑子:冷たい飲み物などは飲みますか?

相談者:はい。暑いし、氷入りの麦茶などは欠かせないです。

桑子:食べ物はどうですか?

相談者:夏は食欲もあまりないので、野菜スティックや素麺を食べてます。

桑子:便通はありますか?

相談者:あまりスッキリしない感じです。

AUTHOR

桑子麻衣子

桑子麻衣子

シンガポール在住8年のライター/Webクリエイター/ヨガインストラクター(全米ヨガアライアンスRYT200保持)。3歳の娘Emmaと夫と3人暮らし。妊娠、出産、育児を経験しヨガを深めたいとインスタクターの資格を取得。Webメディアを中心に記事を執筆しながら、人にも地球にも優しいサステイナブル(持続可能)な暮らしの実践を目指すウェブメディア「House of Emma」を運営。ヨガの教えに基づいた「誰でもどこでもできる」をキーワードに、それぞれの暮らしに寄り添ったエコフレンドリーなファッション、ビューティー、ライフスタイル、ヘルスケア、旅行の提案をしている。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する