ヤセたい人が今すぐほぐすべき体の部位とその方法

Getty Images

ヤセたい人が今すぐほぐすべき体の部位とその方法

肩甲骨まわりにある褐色細胞は、脂肪を燃焼させる働きが。すなわち、肩甲骨が硬いと褐色細胞が機能せず、代謝がダウンしてしまいます。タオルストレッチで肩まわりをほぐし、血流を上げていきましょう。

背中〜腕までを一気に伸ばし滞りを流そう!

HOW TO

1.両足を腰幅よりも少し広めに開き、背筋を伸ばして立つ。両手でタオルの端を持ち、息を吸いながら腕を上げ、頭上でピンと伸ばす。

あ
Photo by Kentaro Abe

POINT

背中は常にまっすぐに。動きに慣れたら、タオルを持つ手の幅を狭めるとストレッチが深まる。

2.息を吐きながら、背中を通して両手を下げる。吸いながら、再び頭上へ手を上げる。上下の手の動きを、10回繰り返す。

あ
Photo by Kentaro Abe

できる人は

タオルを背中側で縦に持ちなおし、上下の手の動きを繰り返す。

あ
Photo by Kentaro Abe

教えてくれたのは…三和由香利先生

ヨガティーチャー。ヨガの世界大会「IYAC」で日本人初のワールドチャンピオンに輝く。ヨガ指導の他、CMでのポーズ指導やメディア出演など幅広く活躍中。産後、親子ヨガのクラスも開催。

Photos by Kentaro Abe
Hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
Text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.46掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あ
あ
あ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する