春から夏、季節の変わり目の不調「食欲不振・ニキビ・口内炎」を解消【クーリングキッチャリ】作り方

春から夏、季節の変わり目の不調「食欲不振・ニキビ・口内炎」を解消【クーリングキッチャリ】作り方

気温が徐々に高くなって、なぜか口内炎やニキビができたり。あるいは気温の変動で体が疲れやすくなり、食欲が湧かない。お腹の調子が悪い。そんなことはないでしょうか? 暑くなってくる季節は、体内で火のエネルギー「ピッタ」が高まりやすい季節です。体内にこもる熱を鎮静しながら、お腹の調子が悪い時も食べやすいお粥を紹介します。

暑くなる季節は「火」のエネルギーで体に炎症が!

GWも終わり、日に日に暑さが増すこの時期。急にニキビができたり、口内炎ができたりする人がいます。実は、これは日照時間が長くなり、太陽の影響を強く受けるのと同時に、体内で火のエネルギー「ピッタ」が増えているからです。

アーユルヴェーダでは、五大元素である空・風・火・水・土のエネルギーが体内にあり、そのバランスによって体と心の状態が変わると考えます。

ドーシャ
GettyImages

徐々に暑くなってくる季節の変わり目は、火のエネルギーが強くなる時期。体内の「火」のエネルギーが体を炎症しやすくさせ、
口内炎やニキビ(肌の炎症)といった症状が出ることがあります。そしてもう1つ、この時期に乱れるのが風のエネルギー「ワータ」。

ワータは軽い性質と乾燥性を持つので、体を乾燥させ、水分と栄養分を失いやすくなります。その結果、喉がすごく乾いたり、すぐ疲れたり、食欲が落ちてしまうのです。

暑い季節
AdobeStock

そんな時は、

・お腹に優しく、食べやすい
・火のエネルギーを鎮静する冷性
・消化力を弱めない

そんな食べ物が必要です。

クーリングキッチャリ(アーユルヴェーダのお粥)のポイント

アーユルヴェーダで消化に優しい食べ物の代表といえば、キッチャリーというお粥です。日本でも体調が悪い時におかゆをよく食べますよね。しかし、このキッチャリ、熱い性質を持つスパイスを使うので、体内の熱を鎮静したい時には注意が必要です。

そこで、今回は、冷性の材料やスパイスを使った、クーリングキッチャリをご紹介します。冷性と言っても、体を冷やすというよりは、余分な熱を取ってちょうど良い温度にバランスを取ってくれる、という方が近いですから、体が冷える、という心配はありません。いくつかポイントとなる食材についてご紹介します。

フェンネルシード:スパイスの中でも、冷性を持ち、
ピッタエネルギーを悪化させないスパイスです。
辛味はなく、清涼感のあるほのかな甘さがあります。
また、クミンやコリアンダーも同様な冷性のスパイスなので使うことができます。

苦味の青野菜:アーユルヴェーダでは「味」に薬理効果(体や心に与える影響)があると考えます。苦味はピッタエネルギーを鎮静する味です。多くの苦味の青野菜は、ピッタを鎮静する野菜ですから、ご自身で使いたいものを選んでください。例えば、ほうれん草、小松菜、ゴーヤ、アスパラガスなど。

作り方

材料(2~3人分)

・皮なしムング豆(黄色)…1カップ

・キヌア…1カップ

・苦味の野菜のみじん切り…2カップ

・ギー…大さじ1

・フェンネルシード…小さじ1

・おろし生姜…小さじ1

・ターメリック…小さじ1/2

・塩…小さじ1/2~1

・オリーブオイル…大さじ1

・カットライム…1~2切れ

・水…必要な量

作り方

下準備:ムング豆は冷水に一晩浸けておくか、白湯に30分浸けておく。使う時に水は捨てる。

  1. 大きめの深さのある鍋にムング豆とキヌアを入れ、ひたひたになるくらいの水を加え、弱火で加熱する。
  2. 加熱している間に野菜をみじん切りにして用意しておく。(動画ではセロリと小松菜を使用)
  3. 火にかけている鍋を見て、アクを取りながら、軽くかき混ぜる。水が足りなくなったら、その都度足す。
  4. 鍋に野菜、ギー、フェンネルシード、おろし生姜、ターメリック、塩を入れる。
  5. 豆が柔らかくなったら火を止めて完成。
  6. 食べる直前にオリーブオイルとライムをかけて召し上がれ!

ライムも食欲促進に良いフルーツです。
ぜひ、胃腸を整えながらクールダウンしたい時に作ってみてください。

AUTHOR

アカリ・リッピ―

アカリ・リッピ―

アーユルヴェーダ著者・セラピスト。本場スリランカでアーユルヴェーダ医師のもと修行。帰国後、1万人の体質改善コンサルをしながら講座で実践的なアーユルヴェーダを指導。著書「アーユルヴェーダが教える、せかいいち心地よいこころとからだの磨き方」 (三笠書房)5刷。都内でサロン経営。大手企業の営業マンだった時の経験を活かし、「忙しい人でも無理なくできる」現代的なアーユルヴェーダを発信。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ドーシャ
暑い季節
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する