【意外】身近なあの食材が腸内環境を悪化させている!?「乳化剤」のリスクと真実

【意外】身近なあの食材が腸内環境を悪化させている!?「乳化剤」のリスクと真実

ここでは、乳化剤についてご紹介します。

スーパーマーケットで売られているほとんどの食品のラベルを見ると、キッチンの棚に並んでいない原材料をいくつか見かけることがあるはずです。私たちが高フラクトース(果糖)食品と人工食品に気を取られている間に、科学者たちは、人気のエナジーバーに新たな脅威が潜んでいることを突き止めました:乳化剤は、避けるのがほぼ不可能などこにでもある食品添加物です。

多くの食品に含まれる砂糖、塩、人工着色料、人工香料に比べ、乳化剤はあまり意識されないようです。しかし、最近の研究では、乳化剤を大量に摂取してよいのかどうかが疑問視されています。

ここでは、乳化剤に関する最新の科学的知見と、朝のコーヒーにオートミルクを注ぐのは止めるべきかどうかについてご説明しましょう。

実際のところ、乳化剤とは何?

食品会社や飲料メーカーが乳化剤を好むのには、多くの理由があります。これらの食品添加物は、保存期間を延ばし、最終製品の味を変え、構造を改善し、そして最も重要なことは、油と水のような2つ以上の原料のブレンドを一定にして、より良い食感を可能にすることです。お気に入りのアーモンドミルクが分離せず、クリーミーなままなのには理由があるのです。また、乳化剤は粘り気を抑え、アイスクリームなどの食品の滑らかな食感を維持するのに役立ちます。

乳化剤には、ポリソルベート、レシチン、カラギーナン、ジェランガム、ローカストビーンガム、グアーガムなど、「ガム」と名のつくものが含まれます。乳化剤には人工のものと、植物や動物、水生生物の中に自然に存在するものがあります。

現在では、乳化剤はあらゆるところに存在し、ほとんどの加工食品に含まれています。サラダドレッシング、焼き菓子、マヨネーズ、ホットソース、パン、プロテインパウダー、ソーセージミート、飴、植物性肉製品、マーガリン、ナッツバター、チョコレート、乳製品を含まないミルク、焼き菓子、アイスクリーム、そしてユーグレナパウダーにも含まれているのです。ご存知でしたか?これは、乳化剤がアメリカの食品供給において最も一般的な食品添加物であることを意味します。これらの添加物は至る所に存在し、ほぼすべての人が様々なレベルで毎日消費し、国全体としてメガトン単位で消費されています。

By YOGA JOURNAL
Translated by Hanae Yamaguchi

AUTHOR

ヨガジャーナルアメリカ版

ヨガジャーナルアメリカ版

全米で発行部数35万部を超える世界No.1のヨガ&ライフスタイル誌。「ヨガの歴史と伝統に敬意を払い、最新の科学的知識に基づいた上質な記事を提供する」という理念のもと、1975年にサンフランシスコで創刊。以来一貫してヨガによる心身の健康と幸せな生き方を提案し続けている。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する