ストレス回復には【皮膚への刺激】が効果的?臨床心理士が教える身体を使ったストレスケアとは

Adobe Stock

ストレス回復には【皮膚への刺激】が効果的?臨床心理士が教える身体を使ったストレスケアとは

南 舞
南 舞
2021-12-03

心理学的に有効なストレスの回復方法は様々ありますが、その中でも身体に直接アプローチする方法は誰でも簡単に取り入れることができます。日常生活に手軽に取り入れられる、身体を使ったストレスケアについて、臨床心理士が解説します。

ストレス回復には、皮膚への刺激が効果的?

ストレスを考える上でキーとなる身体の部位が【副腎】と呼ばれる腰の内側部分にある臓器です。副腎は、ストレスホルモンのコルチゾールを作り出す部分であり、ストレスを感じると活動が活発になります。ストレスから回復するためには、この副腎の活動を抑制する必要があるのですが、なかなかダイレクトにアプローチするのは難しいものです。そこでオススメしたいのが、副腎周辺の皮膚にマイルドな刺激を与えること。『皮膚は露出した脳』と言われていて、皮膚への刺激は心に直接影響を与えていると言われています。

AUTHOR

南 舞

南 舞

岩手県出身。多感な思春期時代に、臨床心理学の存在を知り、人の心に丁寧に寄り添っていくカウンセラーの仕事に憧れを抱く。臨床心理学、心理カウンセリングを学ぶために、大学院まで進み、「臨床心理士」資格を取得。現在は教育、企業にてカウンセラーとして活動中。ヨガとは学生時代にヨガスタジオの受付のアルバイトをしていた時に出会う。ヨガを始めたことで、身体が自由になっていく感覚に楽しさを感じたこと、周りと比べず自分と向き合っていくヨガの姿勢に、カウンセリングの考え方と近いものを感じ、ヨガ講師になることを決意。普段のクラスでは、呼吸と身体を繋げ、人と比べず、自分らしくいれるようなヨガの時間を提供できるよう心がけている。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する