【アンダーヘア脱毛は10年間で43倍増加!?】医師に聞いた「アンダーヘア脱毛のメリット」とは

Getty Images

【アンダーヘア脱毛は10年間で43倍増加!?】医師に聞いた「アンダーヘア脱毛のメリット」とは

アンダーヘアの脱毛は、ここ10年間で40倍以上に増えています。この10年でどんな変化があったのでしょうか?また、なぜアンダーヘアを処理するのか、実際にアンダーヘア脱毛を行うクリニックの医師にお話を伺いました。

10年間で何があった?VIO脱毛が一般的になった理由

アンダーヘアの処理として近年注目を集めるVIO脱毛。医療脱毛専門院『リゼクリニック』によると、ここ10年間でVIO脱毛を契約した女性患者数はなんと43倍に増えたそうです。リゼクリニックの大地まさ代医師に話を伺いました。

「日本の脱毛は今から約60年前(1960年)に医療機関での針による電気脱毛がはじまりでした。その後エステサロンでも電気脱毛が始まりましたが、エステサロンは医療機関と違って広告の制限が無い為、あっという間にエステ脱毛が広がりました。日本に医療レーザー脱毛器が導入されたのは1986年頃ですが、一方で2000年代にはエステサロンでも光脱毛が始まりました。このように、エステサロンのマスメディアを利用した大規模な広告や低価格で始められるといった価格戦略によって、エステサロンによる脱毛が普及してきました。

しかし、2007年に医療機関における広告規制の緩和もあり、医療機関でも積極的に脱毛情報を発信するようになりました。

特にここ数年では、急速に新しい医療レーザー機器が開発され、より日本人の毛に合った痛みの少ない機器が導入され、利用者もそのような情報を入手できるようになりました。さらに、エステサロンと医療脱毛との効果の違いなどの知識も普及されつつあり、脱毛が可能なクリニックの数も格段に増え、価格競争で手ごろな値段で受けられるようになり、よりご自身のプランにあった施設を選択される方が多くなったように思います。

また、多くの芸能人や著名人が脱毛していることをメディアでカミングアウトしていることも影響として考えられます。昨今はメディアで「ハイジ男子」「妊活脱毛」など脱毛に関する造語が紹介される機会が増え、脱毛をするメリットに触れる機会が増えました。これまで以上に、脱毛についてカジュアルに考えられることが増えたように思います」(大地医師)

ひと昔前までは自己処理が主流だった「毛」に対するイメージが変わったのは、こういったことが背景にあるようです。

AUTHOR

ヨガジャーナルオンライン編集部

ヨガジャーナルオンライン編集部

ストレスフルな現代人に「ヨガ的な解決」を提案するライフスタイル&ニュースメディア。"心地よい"自己や他者、社会とつながることをヨガの本質と捉え、自分らしさを見つけるための心身メンテナンスなどウェルビーイングを実現するための情報を発信。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

リゼクリニック
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する