【アンダーヘア問題】産婦人科医が解説する、陰毛除去のメリット・デメリット

Adobe Stock

【アンダーヘア問題】産婦人科医が解説する、陰毛除去のメリット・デメリット

ヨガジャーナル上でも、度々取り上げられる「アンダーヘア問題」。最近勢力を伸ばしてきているのが、陰毛は全て無くしてしまう方がいい、と力説する派。でも根強いのは、ないと肌に摩擦や負担がかかるという否定派。どちらの意見も納得できるものがありますが……まずはやはり、女性器の専門家・婦人科医の意見を聞いてみましょう。

アンダーヘアの有無、結局どっちが正解!?

この問題に答えてくれたのは、つづきレディスクリニックの院長・吉岡範人医師。こちらのクリニックでは、治療の一環として、医療脱毛を行なっており、まさにこの問題のアドバイザーとして適任者!

Q:アンダーケアの脱毛は、した方がいいの?

「その人の悩みや体質によって、異なります。脱毛はメリットだけでなく、デメリットもありますから、絶対的な答えはありません」(吉岡医師)

Q:アンダーケアの脱毛のメリット・デメリットって?

「デメリットは脱毛で出血したり、血流の流れが悪くなったり、その後ムレを感じる方も。こういう例を見ると、自然の流れとして脱毛は不要かもしれない、と思う時もあります。その一方、その一方、脱毛することで生理が楽になった方。美容目的で脱毛された方。介護を受けている方などは、ご本人だけでなくお世話をする方の双方の生活が楽になったというケースも」(吉岡医師)

吉岡医師曰く、アンダーケアの脱毛はその人の希望や目的に合わせた「オーダーメイド治療」だと話します。

そして、今までにない新しい発見が「脱毛は、見た目や感覚だけでなく、生理など婦人科系の悩みを解決するためのツールとして利用することができる」というところ。

Text by Yuki Ikeda

AUTHOR

ヨガジャーナルオンライン編集部

ヨガジャーナルオンライン編集部

ストレスフルな現代人に「ヨガ的な解決」を提案するライフスタイル&ニュースメディア。"心地よい"自己や他者、社会とつながることをヨガの本質と捉え、自分らしさを見つけるための心身メンテナンスなどウェルビーイングを実現するための情報を発信。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する