アルダ・ウッタナーサナ
(半分の立位前屈)
Standing Half Forward Bend

アルダ・ウッタナーサナ

効果のある部位

セラピー効果

ポーズの進め方

1

ウッタナーサナ(立位前屈)で、手のひらまたは指先を床(あるいは両足の隣に置いたブロック)に置く。吸う息で両肘を伸ばして胴体を反らせ、太腿から離していく。恥骨とへその間はできるだけ長く伸ばす。

2

手のひら(または指先)で床を押し返し、胸骨最上部を床から遠ざけるようにして斜め前に引き上げる。背中を反らせるために、膝を少し曲げてもいい。

3

前方を見る。首の後ろを圧迫しないように。背中を反らせた状態でホールドし、数呼吸する。吐く息で胴体の力を抜き、ウッタナーサナへ戻る。

その他の効果

胴体前側のストレッチ・背中の強化と姿勢の改善・腹部の活性化

禁忌および注意すべきこと

首に故障がある場合は頭を持ち上げて前を見ないこと。それ以外はウッタナーサナと同じ。

ビギナーへのヒント

両膝をまっすぐ伸ばして床に手がつかない場合は、左右の足の外側にブロックを置き、そこに手を乗せる。

関連記事