【アンダーヘアどうする?問題】産婦人科医がクリニックでVIO医療脱毛を行う理由とは?

Adobe Stock

【アンダーヘアどうする?問題】産婦人科医がクリニックでVIO医療脱毛を行う理由とは?

アンダーヘアの処理方法として、今改めて注目を集めているのが「医療脱毛」。エステ、ワックス、剃刀など数ある脱毛方法があるなかで、なぜ医療脱毛が優れているのか?実際にクリニックで施術を行っている、つづきレディスクリニックの院長・吉岡範人医師にお話をうかがいました。

医療脱毛でしかできないことがある

つづきレディスクリニックでの施術方法を例に、医療脱毛の詳しい内容について、教えていただきました。

Q:医療脱毛とは?

「医療機関でしか使用できない、高機能レーザーを使った永久脱毛です。個人差はありますが痛みが非常に少ないことが特長で、デリケートゾーンの脱毛にも最適です」(吉岡医師)

*痛みには個人差がありますが、毛の太さや濃さによっても変化します。

Q:他に美容脱毛との違いはありますか?

「当院では内診台を使って脱毛の施術をしています。実は、分娩する際の剃毛も内診台を使っているのですが、それは患者様の痛みを軽減でき、患部が見やすいから。内診台を使うことで、見えにくいIラインもしっかり脱毛することができて、理にかなっているのです」(吉岡医師)

さらに、つづきレディスクリニックでは、ベテランの看護師がVIO脱毛後の肌の保湿ケアなどを指導してくれるので、医療的知識を元にしたアフターケアを受けることができるとのこと。初めて脱毛する人にとっても安心ですね。

Q:料金はやっぱり高額?

「一見高く見えるかもしれませんが、医療脱毛は永久脱毛。トータルで考えると美容脱毛より安価になっています」(吉岡医師)

「クリニックで医療脱毛」の利点とは

医師の指導のもと行う医療脱毛は、脱毛と同時に女性器異常の早期発見やメンテナンスまで行えるのが、最大のメリットです。そんな具体例を教えていただきました。

ケース1:炎症などに対処できる

「産婦人科医としていつも拝見している部分なので、医学的に『これは』と思う小さな異常や変化に気がつくことができますし、医学的に適切な対処を行うことができます。また、衛生面でもそのような所見があった場合には施術は中止します」(吉岡医師)

ケース2:多嚢胞性卵巣による症状軽減

「生理不順や不妊の原因になっている多嚢胞性卵巣。その症状の一つとして、多毛があります。特に若い方では(10代でも)非常に悩んでいたり、いじめにあっているようなケースもあるようです。婦人科的な医学的なホルモンサポートと医療脱毛を併用することで、より症状を改善することができます」(吉岡医師)

うれしいメリットも多い医療脱毛ですが、注意したいのが「やるなら早い方がいい!」ということ。レーザーは黒い毛根に反応するため、アンダーヘアに白髪が多くなると、医療脱毛自体を受けることができなくなってしまうんです!将来、人のお世話になる時に……では、もう手遅れ。アンダーヘアの脱毛を考えているなら、更年期周囲がデッドラインということをお忘れなく。

教えてくれたのは……吉岡範人医師

横浜市にある医療法人社団都筑会つづきレディスクリニック院長。千葉県市原市出身。聖マリアンヌ医科大学卒業後、同大学初期臨床研修センターで就労。その後、カナダのブリティッシュコロンビア大学への留学などを経験し、現在は婦人科専門医として活躍中。

Text by Yuki Ikeda

AUTHOR

ヨガジャーナルオンライン編集部

ヨガジャーナルオンライン編集部

ストレスフルな現代人に「ヨガ的な解決」を提案するライフスタイル&ニュースメディア。"心地よい"自己や他者、社会とつながることをヨガの本質と捉え、自分らしさを見つけるための心身メンテナンスなどウェルビーイングを実現するための情報を発信。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する