【苦しくないけど確実に効く!】ぽっこりお腹を凹ませるお手軽椅子トレーニング

Adobe Stock

【苦しくないけど確実に効く!】ぽっこりお腹を凹ませるお手軽椅子トレーニング

須藤玲子
須藤玲子
2021-06-03

運動が苦手な人、筋力に自信がない人でも気軽にできる椅子ヨガのように、椅子を使ってできるトレーニングがあります。今回は、初心者でもやりやすい、ぽっこりお腹を凹ます2つの椅子トレの紹介です。自分のペースに合わせてやってみませんか?

おなかを凹ますにはまず姿勢から!

座っている時間が長くなったり歩き疲れたりすると、腰が引けて猫背になり、姿勢が悪くなりがちですよね。背中が丸くなると、腹筋の出番がなくなり、フリーになったお腹はゆるくたるんだ状態に…。多くの女性達が悩む、ぽっこりお腹の主な原因の一つは、姿勢の乱れです。トレーニングの前に、まず姿勢を整えることからはじめましょう。椅子に座ってやるトレーニングは、立ってやるよりバランスを保ちやすく、支えがある分、寝てやるより楽にできますが、意識するべきポイントに変わりはありません。

お腹を凹ます簡単椅子トレ

レベル別に2つのトレーニングを紹介します。最初はキープ時間が短くても大丈夫!続けられるペースでやってみましょう。

レベル1:膝を曲げて脚をUP!

膝を曲げたまま床から脚を浮かせる椅子トレ
膝を曲げたまま床から脚を浮かせる椅子トレ

【やり方】

1.両手で椅子の座面をもち、背筋を伸ばして座る。

2.姿勢を保ったままお腹を軽く引き込み、上体を少し後ろに傾ける。

3.勢いをつけず、腹筋を使ってつま先をゆっくり床から浮かせる。そのままキープ!

4.余裕があったら、つま先が床すれすれになるまで、上下にゆっくり動かす。

背筋を伸ばし、お中の力が抜けないように意識しながら行います。脚を上げる時は、背骨と腿の角度が90度になる位置を目安にしてやってみて!

レベル2:脚を伸ばしたままUP!

ステップ2;脚を伸ばして床から浮かせる椅子トレ
脚を伸ばして床から浮かせる椅子トレ

【やり方】

1.両手で椅子の座面を持ち、背筋を伸ばして座る。

2.レベル1の体勢から更にお腹の力を使い、膝を伸ばす。そのままキープ!

3.余裕があったら、床から浮かせたまま脚を上下にゆっくり動かす。

背もたれがある場合は寄り掛かってもOKですが、背中が丸くなるのはNGです。背骨と、お腹に意識を向けて行いましょう。伸ばした脚の間が開かないように、内腿を締めることも忘れずに!

ポイント

どちらのトレーニングも、呼吸を大切に、肩や顎、奥歯の力を抜いてリラックスして行います。呼吸が苦しい時、疲れた時は一度離れてお休みしましょう。体が前後左右にブレる時は脚の動きを止めて、キープするだけでOK!焦らずに自分のペースで地道に…。

隙間時間を使って、ぽっこりお腹を凹まそう!

今回は、腹筋をターゲットに、ぽっこりお腹を凹ますトレーニングを紹介しましたが、椅子を使ったトレーニングは、他にもまだたくさんあります。オフィスでも自宅でも、身近にある椅子を有効活用して手軽な椅子トレを楽しんでみましょう。レベル1が笑顔でできるようになったらレベル2へ、ストレスなく続けられるように、少しずつ深めていくことも大切なポイントですよ!

AUTHOR

須藤玲子

須藤玲子

2005年にホットヨガと出会い、その後様々なスタイルのヨガを経験。会社員を経てヨガインストラクターになる。現在は、都内を中心にスタジオ・オンラインにて活動中。リラックスからトレーニング系ヨガまで、静と動(陰と陽)のバランスを大切にヨガの指導を行う。ヨガと共にアロマのある暮らしも提案する。RYT200/フェイシャルヨガTTC/骨盤底筋トレーニングヨガTTC/リストラティブヨガTTC/陰ヨガTTC/NARDアロマアドバイザー/yuica日本産精油スペシャリスト

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

膝を曲げたまま床から脚を浮かせる椅子トレ
ステップ2;脚を伸ばして床から浮かせる椅子トレ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する