しゃがめない人は意外とココが硬い!しゃがみやすくなる簡単ほぐし術

Adobe Stock

しゃがめない人は意外とココが硬い!しゃがみやすくなる簡単ほぐし術

磯沙緒里
磯沙緒里
2021-05-10

日常生活やヨガのアーサナ練習などでかかとをついてしゃがめないことが気になっている方は、意外と多いです。今回は、そんな方がほぐすべき意外な場所と、簡単なほぐし方をお伝えします。

しゃがみにくい人がほぐすべき2つの部位とは?

踵をついてしゃがめなかったり、しゃがみにくさを感じていたりする方は、どこをほぐすと良いのでしょう?原因は様々ですが、ひとつひとつをじっくりとほぐすと時間がかかるため、なかなか時間が取れなかったり面倒に感じて放置してしまったりすることもありますよね。今回は、押さえておくべき2つの部位をお伝えします。

1. 脛

まずは、脛をほぐしましょう。脛を意識することはあまりないかもしれませんが、脛が固まっていると足首が曲がりにくくなってしまうのです。脛の骨の外側を指で辿りながら押していきましょう。固まっているとなかなか指が入らないかもしれませんので、つぼ押し棒などを使って押すこともお勧めです。

脛

2. 足首

脛をほぐして足首を動かしやすくしてあげてから、足首ほぐしを行いましょう。以下の写真の距骨周辺を指で押しながらストレッチするだけで、足首の動きが改善しやすくなります。

足の骨

動画をみながらほぐしてみましょう!

ほぐすべき2つの部位を理解したところで、さっそく動画を見ながらほぐしてみましょう。簡単にできるため、繰り返し行うことをお勧めします。また、足の疲れやむくみを改善したい時にもお勧めです。夜寝る前にほぐしてから眠ることで、翌朝にはスッキリしていることでしょう。

 

撮影協力 BAYFLOW YOGA STUDIO

AUTHOR

磯沙緒里

磯沙緒里

幼少期よりバレエやマラソンに親しみ、体を使うことに関心を寄せる。15年前、長期的にみた体調管理方法を模索していたところ、ヨガに出会う。その魅力を体感し、会社員の傍ら都内、時には旅をしながら国内外の先生からヨガを学び、様々なヨガを試す。ヨガと相性の良い心地いい音楽、体がよろこぶ食べ物を提案し、暮らしに寄り添うヨガを行う。 年齢やヨガ経験に関係なく、ヨガを日常に取り入れていくお手伝いをしていきたいと願っている。 ヨガコンテンツ監修やコラム執筆、広告出演、[sn]super.naturalアンバサダー、True Nature TOKYO、True Nature KARUIZAWA、commmons10「健康音楽」、「東京JAZZ 2017」生演奏ヨガ、ヨガフェスタ横浜等さまざまなイベントに出演。その他、品川シーズンテラスヨガ、SHARE GREEN MINAMI AOYAMAヨガ、草津温泉ヨガプロデュース等、活動は多岐に渡る。全米ヨガアライアンスRYT200取得(ヴィンヤサヨガ)、クリパルヨガトレーニング ステージ1~3修了、発酵食品マイスター。ブログhttp://saoriiso.com/

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

脛
足の骨
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する