【あぐら】左右の膝の高さが違う人がほぐすべき部位は?膝の高さが揃う簡単ストレッチ

yurina

【あぐら】左右の膝の高さが違う人がほぐすべき部位は?膝の高さが揃う簡単ストレッチ

yurina
yurina
2021-05-02

あぐらで座った時、左右の膝の高さが違う原因とは?

あぐらの姿勢をした時に左右の膝の高さが違う!?

あぐら
あぐらの姿勢をした時に左右の膝の高さが違う!?

あぐらの姿勢で座った時、画像のように「左右の膝の高さが違う!」なんてこと、ありませんか?

私自身、ヨガを始めた頃に気づいたのですが、周りの人は綺麗なあぐらで座れているのに、私だけ左右の高さが違っていて恥ずかしいと思っていたことがあります。高さの違いを気にするあまり、集中できないなんてことも多々ありました。ヨガのクラスではあぐらの姿勢で座るシーンがよくあるので、左右の膝の高さが違うとその都度気になってしまってしまうのです。片方の膝が上がると体の歪みがあるのでは?どこが歪んでいるのだろうか?と、原因を知りたくなります。

今日はそんなあぐらの姿勢をした時に膝の高さが違う人に向けての、原因と解消法をご紹介します。

「ただ股関節が硬いから」だけではない

あぐらが苦手な人が、きっと最初に思いつく原因は股関節の硬さ。「股関節が硬い=開脚(左右に足を開くこと)も苦手」という思考になりがちですが、実はあぐらが苦手でも開脚が得意な人もいるのです。

つまり原因は「ただ股関節が硬いから」ではないのです。

股関節を外に回す外旋が関係している

股関節を外に回す、つまり太ももの正面を外に向けるガニ股の状態、つま先を外に向ける動きのことを「外旋」と言います。この動きはあぐらの姿勢の時に使うのであぐらをしづらいというのは股関節が外旋(外に回し)しにくくなっている状態。これは内旋(内に回す)ための筋肉が硬くなっているがために生じます。

【恥骨筋・薄筋・大腿筋膜張筋・小臀筋・中臀筋・半腱様筋・半膜様筋】が関わっています。

筋肉名だけ聞くとわかりにくいかもしれませんが、ざっくり「内腿あたりの筋肉」と「お尻の外上側あたりの筋肉」とイメージしていただければよいです。もともとの骨格で筋肉が硬くなりやすいのもありますが、原因は日常生活にも隠されています。

こんな座りぐせ、ありませんか?

・ペタンコ座り

・膝と膝を合わせた内股に座る

・お姉さん座り

特にお姉さん座りは左右差を生じやすくします。

お姉さん座り
お姉さん座り photo by unsplash

片方の膝は内側(内旋)に、もう片方が外側(外旋)に向いていますので、内側に向けている方はあぐらで座った時に膝が浮きやすくなります。これらの座り方は今日からなるべく避けましょう!

左右差を解消するストレッチ

解消するには上述でお伝えした筋肉、お尻から繋がる内腿をほぐしてあげることです。

カエルストレッチ

カエルストレッチ
カエルストレッチ

①四つ這いになる ※この時滑りやすい床や膝の下にタオルを置き、痛みのないように行いましょう。

②両膝を徐々に開く。

③肘をついて、可能であれば胸を床につける。

ポイントは股関節、膝は90度のまま行うことです。これは特に内腿あたりの筋肉の柔軟性を高めてくれます。開脚への近道にもなるストレッチです。

片足ずつのバタコナーサナ

片足ずつのバタコナーサナ
片足ずつのバタコナーサナ

あぐらの姿勢になったら片方の踵は恥骨の方に置いたまま、もう片方の踵を前に出し、少し内側に入れます。(反対の足のスネの前あたりまで)

②前に出した足のスネはなるべくマットと平行(膝の角度を大きめ)にする。

バタコナーサナ
前に出した足のスネはなるべくマットと平行(膝の角度を大きめ)にする。

目安としては拳2個分入るぐらい、スペースを開けます。

③両手を前について、体を前に倒していきます。

バタコナーサナ
両手を前について、体を前に倒していきます。

前に出している方のお尻のあたりに伸びを感じると思います。

もし感じなければ、前に出している膝の角度を広げる、踵を内側に入れてみましょう。

④左右入れ替える

あぐらの姿勢で膝の高さに左右さがある方は、このストレッチでも左右差を感じるはずです。

苦手な方を長めに行い、左右差を揃えましょう!

 

あぐらで座りやすくなれば、ストレスを感じず、より一層ヨガに集中することができるでしょう。でも、一番大事なことは、自分の体の状態を知り、向き合うこと。今は左右差が気になるかもしれませんが、悩みがあるからこそ、体の変化にも気づけるものです。毎日の変化を意識して生活してみてください。

AUTHOR

yurina

yurina

美容専門学校を卒業後、更にカナダの美容専門学校へ留学。カナダ滞在中にメイクアップアーティストとしても活動。 もともと自身の肌が弱いことと世界旅行が趣味ということもあり、オーガニックコスメに魅了され、帰国後オーガニックコスメのセレクトショップで働きながら化粧品成分、オーガニックコスメについて学ぶ。オーガニックライフを送る中で、自分の生き方とヨガが通ずるものがあると感じ、ヨガインストラクターの資格を取得しにハワイへ。フリーのヨガインストラクターとして現在名古屋・岐阜を中心に活動中。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あぐら
お姉さん座り
カエルストレッチ
片足ずつのバタコナーサナ
バタコナーサナ
バタコナーサナ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する