心臓病のリスクを減らす?科学者が絶賛する5つのスパイス

PIXTA

心臓病のリスクを減らす?科学者が絶賛する5つのスパイス

インド料理の複雑で力強い風味は多彩なスパイスによるものだ。だが、スパイスがもたらすものは風味だけではない。健康を維持するのに、スパイスは必要不可欠と世界中の科学者たちが絶賛している。常備しておきたいスパイスを、特徴や使い方とともに紹介する。

インド料理の虜になるのには訳がある。甘い芳香のバスマティライス、クリーミーなカレー……だがいちばんの魅力はスパイスだ。ひとつの料理に10種以上のスパイスが使われるのはよくあることで、その独特の組み合わせが味覚を喜ばせるのかもしれない。実は、それはあながち間違いではないようだ。どうやら私たちは遺伝子レベルでインドや他国の料理のスパイスを好むように生まれついているらしい。その理由は、ヨーロッパ分子生物学研究機構(EMBO)の学術記事によると、ターメリックに含まれる抗がん作用があるクルクミンや、チリパウダーに含まれる心臓病予防につながるとされるカプサイシンなど、スパイスには健康を促進する化合物が含まれているからだという。私たちの祖先が有害な食べ物から安全なものを選り分けたとき、彼らはスパイスはまったく無害だと判断した。その結果、スパイスを好んだ者たちはより健康になり、長生きをし、スパイスを好む子孫を残したのだろう、と研究者たちは推測する。


今回は、常にスパイスを楽しみながら健康を維持できるように、世界中の科学者たちにもてはやされる、インド料理でおなじみの5つのスパイスに絞った。それぞれの効能や1日の適量、基本的な使い方を知って、自分の料理のレパートリーに取り入れてほしい。

Text by JANIS JIBRIN,RD
Translated by  Sachiko Matsunami
yoga Journal日本版Vol.53掲載 

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

心臓病 スパイス ショウガ
心臓病 スパイス チリパウダー
心臓病 スパイス ターメリック
心臓病 スパイス クローブ
心臓病 スパイス シナモン
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する