カラダに良いスパイスで作る、本格インド料理レシピ4選

JENNIFER OLSON

カラダに良いスパイスで作る、本格インド料理レシピ4選

健康にもうれしい作用をもたらすスパイスは、普段のお料理にもおもてなしにも取り入れたいところ。スパイスがふんだんに使われた、インドのごちそうレシピを紹介する。レシピを考案したのは、『The Indian Cooking Course』の著者モニシャ・バラディワジ。ヨギ同士のホームパーティでも喜ばれること間違いなし!

タマター アウル ダル カー ショルバ(トマトと豆のスープ)

スパイスレシピ
(Photo by JENNIFER OLSON)

ショウガやシナモンなど体を温めるスパイスを加えた北インドのシンプルなスープ。熱々で食べよう。

材料●4人分

  •  ココナッツオイル …大さじ1
  • ムングダル(豆)… 大さじ2(洗って水を切っておく)
  • 乾燥ショウガ…小さじ1
  • 大きめの熟れたトマト …3個(粗いみじん切りにする)
  • セイロンシナモン(挽いたもの)…小さじ1/2
  • 辛さ控えめのチリパウダー…小さじ1/2
  • 黒コショウ(細かく挽いたもの)…小さじ1/2
  • パクチー…1/4カップ(刻んで半分に分けておく)

作り方

  1. 大きめの厚手の鍋を中火にかけ、オイルを入れて温める。豆とショウガを加え、香ばしくなるまで3〜4分炒める。トマトを加えて軟らかくなるまで5〜6分調理する。シナモン、チリパウダー、黒コショウをふりかけて、さらに1分。パクチーの半量を加えて1分炒める。
  2. 2.5カップの水(分量外)を加え、沸騰するまで混ぜる。火を弱めの中火にし、鍋のふたを少し開けたまま豆が煮崩れるまで30〜35分煮る。鍋を火からおろして5分冷ます。
  3. ミキサーに②を入れて、なめらかになるまで攪拌したら、先ほどの鍋の上にこし器や目の細かいざるを置いて、スープをこす。トマトの皮や種は取り除く。塩で味を調えて、パクチーの残りを加え、上に散らしたら熱々のまま食卓へ。

栄養成分(1人分) 

81㎉、脂質4g(飽和脂肪酸3g)、炭水化物10g、食物繊維2g、タンパク質3g、ナトリウム19㎎

Recipes by Monisha Bharadwai
Food styling by Erica McNeish
Prop styling by Nicole Dominic
Translated by Sachiko Matsunami
yoga Journal日本版Vol.53掲載

All photosこの記事の写真一覧

スパイスレシピ
スパイス
スパイス
スパイスレシピ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する