マインドフルネス瞑想は男性よりも女性に有益?

YJ US

マインドフルネス瞑想は男性よりも女性に有益?

マインドフルネス瞑想は男性よりも女性に有益であることがわかった。ブラウン大学が最近発表した研究論文の著者に、研究結果について尋ねてみた。

ブラウン大学が発表した新たな研究では、いっさい判断せずに今この瞬間に意識を集中させる「マインドフルネス瞑想」は、男性よりも女性に有益であることがわかった。少なくとも大学の講座では、そのような結果が得られた。

この研究では、77名の学部生が12週間にわたって、30分間のマインドフルネス瞑想の講座を週3回受講した。女性は男性よりも、(罪悪感やイライラといった)否定的感情が減少し、今に意識を集中させて自分を思いやれるようになることがわかった。さらに、女性の場合は、否定的感情の減少が、意識の集中および自己への思いやりと有意に相関していることもわかった。

一方、男性ではおおむね、否定的感情の減少が、意識の集中および自己への思いやりと相関していることが示されなかった(男性も否定的感情に改善は認められられたが、このような変化は、自分の感情を明らかにし識別する能力と相関関係があった)。しかし、前述の研究論文の共著者であるラヒル・ロジャー二(ブラウン大学を卒業後、現在エール大学で医学を勉強中)は、だからと言ってマインドフルネス瞑想が男性にとって無益だという意味ではないと話している。

「瞑想が男性にとっていかに有益であるか示しているデータは、実例に裏付けられているデータも実験に基づいたデータもほんとうにたくさん存在します。ですから、もっと大きな枠組のなかで私たちの研究結果を見る必要があります」ラヒル・ロジャー二はヨガジャーナルにこのように語った。「平均値としては男性の否定的感情が改善されなかったとしても、否定的感情が改善された男性は大勢いました。(反対に、否定的感情が改善しなかった女性もいます!)平均だけに注目すると、個人差を見落としてしまいます」

Translated by Setsuko Mori

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する