健康の秘訣は季節に合った調理法にある?【せきねめぐみの、肩の力を抜くごはん】

Megumi Sekine

健康の秘訣は季節に合った調理法にある?【せきねめぐみの、肩の力を抜くごはん】

関根愛 
関根愛
2021-01-28

SNSで見かける、彩り豊かな食事の写真。見るからに栄養がありそうで、こんな食生活を送ってみたいと思う人は多いでしょう。でも「そんなに頑張れない…」という人も少なくないはずです。時間もない、料理が得意じゃない、不器用なあなたに伝えたい「頑張らないごはん」。意識すべきポイントは、とってもシンプルです。今日からできる「簡単な食養生」、教えてくれるのはマクロビオティックマイスターの関根愛さんです。

そろそろ立春(2021年は2月3日)の足音を感じる時候です。まだこんなにも寒さを感じていますが、暦の上では春の訪れが少しづつやってくる時期。立春から春分にかけての二十四節気には「雨水」「啓蟄」「清明」「穀雨」と、今にも淡い春の匂いが漂ってきそうな美しい名前が続いてわくわくするものです。

さて、今日のテーマは「季節に合った調理法」。とてもシンプルでいて健康管理と実は深く結びついている調理法の妙を知っておけば、季節に合わせて無理なく健やかな体づくりに役立てていただけると思います。

調理法にも「陰陽」がある

東洋哲学の陰陽の世界では、調理法にも陰陽があると考えます。陰性(体を冷やす=冷エネルギー)の調理法、陽性(体を温める=熱エネルギー)の調理法、そしてその中間でどちらにも片寄らない中庸の調理法です。調理法では陰性から陽性へ向かって順に、生で食べる→ゆがく→茹でる→蒸す(中庸)→煮る→炒める→揚げる、となります。

どうでしょう。「生でいただく」「さっとゆがく」などの比較的軽めな熱性の調理から、じんわり優しく火を通す「蒸す」を経て、高温の油でジュワジュワじっくり熱を通す「揚げる」まで、なんとなくエネルギーの変化のイメージが湧くでしょうか。

このイメージを持っておき、暑い夏ならば体をクールダウンさせるために陰性の調理法である生でいただいたり、さっと湯がくだけをベースにしてみたり。寒い冬ならば、体を温める陽性の調理法が適しているので、じっくりことこと煮てみたり、たまにはじゅわっと揚げたりして、しっかり熱エネルギーを取り入れる。こんなふうに手軽に応用が効きます。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する