Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(さそり座)/2月の運勢

maegamimami

Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(さそり座)/2月の運勢

Saya
Saya
2021-02-01

なんとなく過ぎていた日々が星を知ると変わり始めます。あの人がこんなことを言うのは、金星が「逆行」しているから。連絡ミスが多発するのは水星「逆行」のせい。こんなにも気持ちが盛り上がるのは満月だからと言うように。星という眼鏡をもつことで、小さなささやきや予兆にも気づき始め、「今、ここ」に集中できるように。マインドフルに生きられるようになるのです。「今、ここ」を生きるためのマインドフルネス占星術のスタートです。

さそり座/2月の運勢

マインドフルネス占星術
maegamimami

ASTRO CALENDAR

「居場所」の領域に星が集まる中、この領域で思考や伝達の星・水星が「逆行」中。しがらみから自由になりたいと願うとともに、拠点がいくつもある人は整理したくなりそう。エネルギーを消耗させるものは排除し、大切なものだけを残したくなるかも。2/12のこの領域の新月ではそれが明確になるかも。2/18に太陽が、2/25に金星が「恋愛や創造」の領域に。この領域には境界を溶かす星・海王星も滞在。恋をしたり、非日常の世界に逃げ込んだりしたくなりそう。現実的にやるべきこととファンタジーのバランス感覚が必要に。

MOON CYCLE

2/12の「居場所」の領域の新月ではあなたの理想の環境や居場所をイメージしてみましょう。海の近くなのか山の中なのか街なのか。どんな人たちが住んでいるのか。すると、自分がどうしたいのかが見えてきそう。2/27の満月では未来に対して、とても建設的に。予定を立てたり、プランしたりにぴったりです。

WORKS

2/18までは家の中を片付けたり、システムを整えたり。「合理化」をテーマに仕事をして。2/18以降は、創造性を発揮できるとき。映像や音楽の仕事をしている人なら、次々にすばらしいアイデアが降りてくるのを感じるかも。そうした職種ではない人も、遊びの要素やクライアントの気持ちを大切するとよい展開が生まれそう。ひとつひとつの作業に心を込めることが運気アップにつながります。

FOR MINDFULLNESS

2/21の水星「順行」までは気持ちが拡散しがちで、地に足をつけるグラウンディングがしづらいとき。集中力に欠け、いい加減になってしまうことも。気が散りそうになったり、イライラしてきつい言葉を吐きたくなったりしたら、たくさん歩いたり、ピラティスやヨガをしたり、身体を動かしてリラックスしていって。

占い・文/Saya
アストロロジー・ライター。東京出身。早稲田大学卒業後、ライフスタイルの編集者を経て、アストロロジー・ライターに。「エル・オンライン」、「LEEweb」の星占いも好評。現在は、京都で夫と二人で暮らし、晴耕雨読の日々。新刊、『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(1540円/集英社)が好評発売中。

イラスト/maegamimami

maegamimami
maegamimami

イラストレーター。女性誌・広告・WEB・ブランドとのコラボレーションなどを中心に活動。その他、TVドラマのメインビジュアルや、読売新聞で連載された「黄金夜界」(作・橋本治)の挿絵なども手がける。近年は、ユナイテットアローズBEAUTY&YOUTHとのコラボレーションコレクション、POLA「ディエム クルール」、ATSUGI「アスティーグ」、ワコール「LASEE」のビジュアル、雑誌ケトルで連載がスタートしたサニーデイ・サービス曽我部恵一氏 執筆の初の長編小説「メメント・モリタ」の挿絵などを担当。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マインドフルネス占星術
maegamimami
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する