Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(みずがめ座)/2月の運勢

maegamimami

Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(みずがめ座)/2月の運勢

Saya
Saya
2021-02-01

なんとなく過ぎていた日々が星を知ると変わり始めます。あの人がこんなことを言うのは、金星が「逆行」しているから。連絡ミスが多発するのは水星「逆行」のせい。こんなにも気持ちが盛り上がるのは満月だからと言うように。星という眼鏡をもつことで、小さなささやきや予兆にも気づき始め、「今、ここ」に集中できるように。マインドフルに生きられるようになるのです。「今、ここ」を生きるためのマインドフルネス占星術のスタートです。

みずがめ座/2月の運勢

マインドフルネス占星術
maegamimami

ASTRO CALENDAR

みずがめ座には現実化とルールの星・土星、拡大と保護の星・木星、太陽、思考や伝達の星・水星、愛と美の星・金星が集合。ただ、1/31〜2/21、水星の「逆行」もあり、さまざまなオーダーがやってきて大混乱の状態に。2/12のみずがめ座の新月は、「自分自身」の領域の新月になるので、そこで、ようやく体勢を立て直していけそうです。2/18に太陽が、2/25に金星が「経済や豊かさ」の領域に入ると、この領域には境界を溶かす星・海王星も滞在していて、お金の流れはよくなってきそう。思いがけないところから収入があるかも。

MOON CYCLE

2/12のみずがめ座の新月では今年一年やりたいことを思い描きながら瞑想してみて。ビジョンマップを作るのもいいかもしれません。ただ、2/27の「潜在意識」の満月ではあなたの几帳面さが強く出てくるかも。これまで我慢してきたことでも「そうではない」と強く抵抗しがち。中庸さを心がけたいときです。

WORKS

あなたの考えが無理をしなくても世の中とぴたりと合うとき。そのため、企画会議などでも意見が通り、大役をまかされるかもしれません。ありのままのあなたで、自分ならどんなものが嬉しいか考えていくだけで答えが出るときです。普段なら遠慮してしまうものでも、少しあつかましくなって進めていきましょう。無理はしなくていいですが、いつものペースよりはスピードを上げていって。

FOR MINDFULLNESS

運気はとてもいいのですが、「変えたい」という気持ちが先立ち、謙虚さを忘れてしまうことも。忙しすぎるときは足を止めて、周囲を見まわす余裕を忘れずに。料理の時間もいい息抜きに。普段なら市販のドレッシングを使うところを手作りしてみる。そんなふうに丁寧に暮らしてみるとブレずにいられるはず。

占い・文/Saya
アストロロジー・ライター。東京出身。早稲田大学卒業後、ライフスタイルの編集者を経て、アストロロジー・ライターに。「エル・オンライン」、「LEEweb」の星占いも好評。現在は、京都で夫と二人で暮らし、晴耕雨読の日々。新刊、『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(1540円/集英社)が好評発売中。

イラスト/maegamimami

maegamimami
maegamimami

イラストレーター。女性誌・広告・WEB・ブランドとのコラボレーションなどを中心に活動。その他、TVドラマのメインビジュアルや、読売新聞で連載された「黄金夜界」(作・橋本治)の挿絵なども手がける。近年は、ユナイテットアローズBEAUTY&YOUTHとのコラボレーションコレクション、POLA「ディエム クルール」、ATSUGI「アスティーグ」、ワコール「LASEE」のビジュアル、雑誌ケトルで連載がスタートしたサニーデイ・サービス曽我部恵一氏 執筆の初の長編小説「メメント・モリタ」の挿絵などを担当。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マインドフルネス占星術
maegamimami
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する