Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(ふたご座)/2月の運勢

maegamimami

Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(ふたご座)/2月の運勢

Saya
Saya
2021-02-01

なんとなく過ぎていた日々が星を知ると変わり始めます。あの人がこんなことを言うのは、金星が「逆行」しているから。連絡ミスが多発するのは水星「逆行」のせい。こんなにも気持ちが盛り上がるのは満月だからと言うように。星という眼鏡をもつことで、小さなささやきや予兆にも気づき始め、「今、ここ」に集中できるように。マインドフルに生きられるようになるのです。「今、ここ」を生きるためのマインドフルネス占星術のスタートです。

ふたご座/2月の運勢

マインドフルネス占星術
maegamimami

ASTRO CALENDAR

「ステップアップ」の領域に星たちが集まる2月。守護星の思考や伝達の星・水星もこの領域に滞在し、1/31〜2/21、「逆行」することから、未来を夢見て動いているのに迷路に入り込んだように感じるかも。ただ、2/12のこの領域での新月からは、新たなビジョンが見えてくるから、気を揉まないで。2/18に太陽が、2/25には愛と美の星・金星が「キャリアやライフワーク」の領域に入り、2/27には「居場所」の領域で満月が起こります。社会との関わりでは情報が錯綜し、不安と期待で揺れつつも、自分の足もとへと目が向かいます。

MOON CYCLE

2/12の「ステップアップ」の領域の新月は、迷いを振り捨て、選択をすることが必要になりそう。瞑想で、心を鎮めてみて。そして、2/27の満月では外からの情報に左右されることに嫌気が差し、せめて自分の居場所だけでもとコントロール欲が強くなるかも。でも、そんなときこそマインドフルネスを心がけて。

WORKS

クールに見えて、実は共感力が高く、情に厚いのがふたご座の特性。時流に乗ってお金を稼ぐのも得意ですが、同じくらい弱い立場の人に同情し、助けようとする傾向も。2/18頃までは自分の今後で頭がいっぱいかも。それ以降は世の中全般に関心が向かい、寄付やボランティアをしてみると喜びが。仕事の関係者にも包容力や思いやりを意識すると、よい循環が生まれ、成果を出せるように。

FOR MINDFULLNESS 

水星が「順行」する2/21以降は、心がささくれ立つ感じはなくなっていきそうですが、まだモヤモヤは残っているかも。そんなあなたの心は、ジャズやピアノなどのリラックスできる音楽が救ってくれそう。何かをしながらではなく、毎日20〜30分でもいいので、音楽に集中しながら瞑想してみるとスッキリしそう。

占い・文/Saya
アストロロジー・ライター。東京出身。早稲田大学卒業後、ライフスタイルの編集者を経て、アストロロジー・ライターに。「エル・オンライン」、「LEEweb」の星占いも好評。現在は、京都で夫と二人で暮らし、晴耕雨読の日々。新刊、『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(1540円/集英社)が好評発売中。

イラスト/maegamimami

maegamimami
maegamimami

イラストレーター。女性誌・広告・WEB・ブランドとのコラボレーションなどを中心に活動。その他、TVドラマのメインビジュアルや、読売新聞で連載された「黄金夜界」(作・橋本治)の挿絵なども手がける。近年は、ユナイテットアローズBEAUTY&YOUTHとのコラボレーションコレクション、POLA「ディエム クルール」、ATSUGI「アスティーグ」、ワコール「LASEE」のビジュアル、雑誌ケトルで連載がスタートしたサニーデイ・サービス曽我部恵一氏 執筆の初の長編小説「メメント・モリタ」の挿絵などを担当。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マインドフルネス占星術
maegamimami
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する