Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(てんびん座)/2月の運勢

maegamimami

Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(てんびん座)/2月の運勢

Saya
Saya
2021-02-01

なんとなく過ぎていた日々が星を知ると変わり始めます。あの人がこんなことを言うのは、金星が「逆行」しているから。連絡ミスが多発するのは水星「逆行」のせい。こんなにも気持ちが盛り上がるのは満月だからと言うように。星という眼鏡をもつことで、小さなささやきや予兆にも気づき始め、「今、ここ」に集中できるように。マインドフルに生きられるようになるのです。「今、ここ」を生きるためのマインドフルネス占星術のスタートです。

てんびん座/2月の運勢

マインドフルネス占星術
maegamimami

ASTRO CALENDAR

「恋愛や創造」の領域に星が集まる中、てんびん座の守護星の愛と美の星・金星も2/1にこの領域へ。思考や伝達の星・水星も「逆行」を始めています。クリエイティヴに、自由になりたい気持ちが高まり、実務や作業がつまらなく思えるかも。でも、2/12のこの領域の新月からは楽しい流れがスタート。ただ、2/18に太陽が、2/25に金星が「ルーティンワークや日常生活」の領域に。この領域には境界を溶かす星・海王星も滞在しているので、日々の生活は混乱しがち。集中やグラウンディングができずに夢うつつなところがありそうです。

MOON CYCLE 

2/12の「恋愛や創造」の領域の新月は、太陽と月だけでなく、現実化とルールの星・土星、拡大と保護の星・木星、金星、水星が集合。創造性やアイデアが花開きそうなので、ひらめいたビジョンをノートに書き出し、思い浮かべながら瞑想をしてみて。2/27の満月では自分の内面に集中し、静かに過ごすことが大切に。

WORKS 

2月は、全体にとても楽しく仕事ができそう。ただ、水星の「逆行」の影響をもろに受けてしまうことから、連絡やミーティングが多すぎて疲弊するかも。新月頃には大混乱もある程度収束しそうです。2/18以降は、同情心や優しさがアップ。がんばっている人がいると助けたくなるかも。自分には何もできないと無力感に打ちひしがれるよりも、寄付などしてみると気分もアップしそうです。

FOR MINDFULLNESS 

2/21の水星「順行」までは頭の中が忙しいとき。せっかくインスピレーションがあっても、するりと逃げていってしまいそう。思いついたことはすぐにメモしたり、スマートフォンのボイスレコーダー機能を使ったりして。そうやって、頭の中をスッキリさせておくと、いつもマインドフルに過ごせるようになりそう。

占い・文/Saya
アストロロジー・ライター。東京出身。早稲田大学卒業後、ライフスタイルの編集者を経て、アストロロジー・ライターに。「エル・オンライン」、「LEEweb」の星占いも好評。現在は、京都で夫と二人で暮らし、晴耕雨読の日々。新刊、『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(1540円/集英社)が好評発売中。

イラスト/maegamimami

maegamimami
maegamimami

イラストレーター。女性誌・広告・WEB・ブランドとのコラボレーションなどを中心に活動。その他、TVドラマのメインビジュアルや、読売新聞で連載された「黄金夜界」(作・橋本治)の挿絵なども手がける。近年は、ユナイテットアローズBEAUTY&YOUTHとのコラボレーションコレクション、POLA「ディエム クルール」、ATSUGI「アスティーグ」、ワコール「LASEE」のビジュアル、雑誌ケトルで連載がスタートしたサニーデイ・サービス曽我部恵一氏 執筆の初の長編小説「メメント・モリタ」の挿絵などを担当。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マインドフルネス占星術
maegamimami
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する