Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(うお座)/2月の運勢

maegamimami

Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(うお座)/2月の運勢

Saya
Saya
2021-02-01

なんとなく過ぎていた日々が星を知ると変わり始めます。あの人がこんなことを言うのは、金星が「逆行」しているから。連絡ミスが多発するのは水星「逆行」のせい。こんなにも気持ちが盛り上がるのは満月だからと言うように。星という眼鏡をもつことで、小さなささやきや予兆にも気づき始め、「今、ここ」に集中できるように。マインドフルに生きられるようになるのです。「今、ここ」を生きるためのマインドフルネス占星術のスタートです。

うお座/2月の運勢

マインドフルネス占星術
maegamimami

ASTRO CALENDAR

1/31〜2/21、ひとつ前の「集合無意識」の領域で、水星が「逆行」しています。引きこもっていると、周囲からいろいろ言われるようなこともありそうです。「本当はこう思っていた」というように、古いことを持ち出されるなど気持ちが落ち着かないかもしれません。でも、2/12のこの領域の新月からは立て直していけそう。2/18に太陽が、2/25に金星がうお座に入ると、徐々に優しい人たちに囲まれ、心身のコンディションも回復してくるでしょう。ただ周囲の言葉に甘えないことも大切。境界はきっちりと引いていきましょう。

MOON CYCLE

2/12の新月は自分の心を整理するのにふさわしいとき。すべてのことが混沌となって押し寄せてきたら、ひとつひとつ心の引き出しに仕分けしていって。今できることと今心配しても仕方ないことを見極めることです。2/27の満月は、気がかりな「人間関係」について、方向が見えてきます。信頼関係も育めそう。

WORKS

あなた自身はとても前向きだとしても、それを周囲に説明していないのかもしれません。言葉が足りないと信頼を失うこともあります。感性で生きるあなたにとっては面倒に思えても、詳細な説明を加えてプレゼンすると理解してもらえるはずです。また言葉が難しいときはイメージの伝わるものを見せること。ひと目であなたの頭の中がわかるように、イラストや写真を多用していきましょう。

FOR MINDFULLNESS

昨年末から活動ペースを落としていた人も、2/18以降はパワーアップ。自分の気持ちを大切にしながらも周囲のために動いていけますし、それに喜びも感じられるでしょう。がんばりすぎて疲れてしまったら、アロマをたいたり、お花を飾ったり。自分にショコラを送るなんていうのもいいかもしれません。

占い・文/Saya
アストロロジー・ライター。東京出身。早稲田大学卒業後、ライフスタイルの編集者を経て、アストロロジー・ライターに。「エル・オンライン」、「LEEweb」の星占いも好評。現在は、京都で夫と二人で暮らし、晴耕雨読の日々。新刊、『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(1540円/集英社)が10月5日に発売予定。

イラスト/maegamimami

maegamimami
maegamimami

イラストレーター。女性誌・広告・WEB・ブランドとのコラボレーションなどを中心に活動。その他、TVドラマのメインビジュアルや、読売新聞で連載された「黄金夜界」(作・橋本治)の挿絵なども手がける。近年は、ユナイテットアローズBEAUTY&YOUTHとのコラボレーションコレクション、POLA「ディエム クルール」、ATSUGI「アスティーグ」、ワコール「LASEE」のビジュアル、雑誌ケトルで連載がスタートしたサニーデイ・サービス曽我部恵一氏 執筆の初の長編小説「メメント・モリタ」の挿絵などを担当。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マインドフルネス占星術
maegamimami
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する