Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(いて座)/2月の運勢

maegamimami

Sayaの星占い【マインドフルネス占星術】(いて座)/2月の運勢

Saya
Saya
2021-02-01

なんとなく過ぎていた日々が星を知ると変わり始めます。あの人がこんなことを言うのは、金星が「逆行」しているから。連絡ミスが多発するのは水星「逆行」のせい。こんなにも気持ちが盛り上がるのは満月だからと言うように。星という眼鏡をもつことで、小さなささやきや予兆にも気づき始め、「今、ここ」に集中できるように。マインドフルに生きられるようになるのです。「今、ここ」を生きるためのマインドフルネス占星術のスタートです。

いて座/2月の運勢

マインドフルネス占星術
maegamimami

ASTRO CALENDAR

「環境や伝達」の領域に星が集まる中、この領域で思考や伝達の星・水星が「逆行」中。SNSとの関わりが増えそうですが、同時に混乱もありそうです。ポジティヴなことを書いたつもりが受け入れてもらえないなど周囲との温度差も。2/12のこの領域の新月ではそういった反響を参考に軌道修正もしながら、やるべきこと、やりたいことを整理していきましょう。ただ、2/18に太陽が、2/25に金星が「居場所」の領域に。この領域には境界を溶かす星・海王星も滞在。家庭など甘えられる場所へと心が向かい、気持ちの通じ合う感覚が。

MOON CYCLE

2/12の「環境や伝達」の領域の新月では新しく始めたいこと、学びたいことにフォーカスしてみましょう。そして、2/27の満月は、「キャリアやライフワーク」の領域で起こるので、今後のスケジュール感が見えてきます。またマネジメントなど管理者としての役割が降ってくることも。責任感に押しつぶされないで。

WORKS 

1/31からスタートした水星「逆行」の影響で、とくに広報や宣伝系のプロジェクトに関しては混乱があり、それに巻き込まれがち。アイデアを言うだけ言って、あとはおまかせという態度はNG。部下や後輩を気遣い、全員が最大のパフォーマンスが上げられるように細やかな配慮が求められています。でも、そうしたエンパワーメントが得意なのもあなた。辛抱強く付き合っていきましょう。

FOR MINDFULLNESS 

今年どんなことをやるのがいいか見えてくるタイミング。2/21に水星が「順行」すると、集中できないざわざわした感じは落ち着いてきます。それまでは毎日瞑想するなど雑念を流し去るようにして。ふくらはぎを揉んで循環をよくしたり、クレイ(泥)パックをしたり、身体からも老廃物を流し去っていきましょう。

占い・文/Saya
アストロロジー・ライター。東京出身。早稲田大学卒業後、ライフスタイルの編集者を経て、アストロロジー・ライターに。「エル・オンライン」、「LEEweb」の星占いも好評。現在は、京都で夫と二人で暮らし、晴耕雨読の日々。新刊、『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(1540円/集英社)が好評発売中。

イラスト/maegamimami

maegamimami
maegamimami

イラストレーター。女性誌・広告・WEB・ブランドとのコラボレーションなどを中心に活動。その他、TVドラマのメインビジュアルや、読売新聞で連載された「黄金夜界」(作・橋本治)の挿絵なども手がける。近年は、ユナイテットアローズBEAUTY&YOUTHとのコラボレーションコレクション、POLA「ディエム クルール」、ATSUGI「アスティーグ」、ワコール「LASEE」のビジュアル、雑誌ケトルで連載がスタートしたサニーデイ・サービス曽我部恵一氏 執筆の初の長編小説「メメント・モリタ」の挿絵などを担当。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マインドフルネス占星術
maegamimami
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する