「性欲がなくなった」は本当か?40歳からのセックスレス問題を考える

Adobe Stock

「性欲がなくなった」は本当か?40歳からのセックスレス問題を考える

「年齢を重ねたら、セックスはしないもの?」答えはNO。いくつになっても楽しく、健やかな性生活を送りたいと思うのは、当然のことです。だけど実際は、年齢による体の変化などで若い頃のようにセックスできない、セックスが痛い、セックスが怖いといった悩みも少なくないようです。性の健康に関するアクティビストでありメノポーズカウンセラーの小林ひろみさんに、40才からの性生活をより良いものにするためのアドバイスをいただきます。

セックスに関する最新調査でわかったこと

「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生きものである」と仮定し、人間の欲求を5段階に理論化(ピラミッド図)にした心理学者アブラハム・マズロー(1908-1970)。ピラミッドの広い底の部分にある生理的欲求には「呼吸」「排泄」「食」「睡眠」「性」があり、生命維持に必要なものがほとんどですが、性欲だけは食欲、睡眠欲などと比較しても我慢できないほどのものではないかもしれません。むしろ、性=セックスとするならば、女性の中にはさほど重要と感じない方もいるのではないでしょうか。それを裏付ける数字が、最新のセックス調査ジェクス ジャパン・セックスサーベイ2020にありそうなので見てみました。

この調査の中の「セックスしたいか」という質問の回答で「あまり思わない」「全く思わない」という回答を合わせると

30代……42.7%
40代……51.7%
50代……69.2%
60代……82.0%

実に、40代以降の半数以上の回答が「セックスをしたいと思わない」結果に。「私だけではない」とホッとしている方もいるではないでしょうか。

セックスがしたくないのはわかりましたが、実際に1年以上セックスをしていない女性はというと

30代……31.2%
40代……46.8%
50代……65.8%
60代……69.4%

婚姻関係のあるカップルのセックスレスは51.9%とこの調査で過去最高に。もちろん、セックスは重要と思う人もいるし、性に関する欲求には個人差があります。私は、潤滑ジェルの販売や性交痛と人に関わる活動家として仕事をしていますが、どちらかというと、セックスはあってもいいし、なくてもいいとも思っています。要は、なくても困らないと個人的には感じています。

セックスしたくない理由は性欲減退?それとも

でも生理的欲求に性欲が含まれているのに、なぜセックスをしたいと思わない女性が増え、セックスレス化が進んでいるのか。そのヒントになる「セックスに関する悩み・コンプレックス」という質問がありました。女性の回答の半数は「特に(悩み)なし」ですが、その次が「快感が得られない」と「オーガズムに達することができない」。もしかしたら、気持ちよくないからセックスレスになっているのかもしれないと思えるような結果でした。私がよく耳にするのは「性欲がなくなった」という声。その背景には気持ちいい体験の少なさが関連しているのかもしれません。

全国民が回答したわけではないし、あくまでも20〜60歳男女を対象とした5029サンプルの結果の一部。仮にセックスレスの人が半数いたとしても、私はその方たちが幸せならセックスレスのままでいいのではと思います。ただ、マズローの欲求5段階説にある生理的欲求に含まれる性欲は、呼吸や睡眠などと一緒に自然と体が欲求する項目なのです。私たちがあまり必要と感じない「性欲」をそのままにしておいていいのか考えさせれました。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する