40代以降の女性が「セックスすると痛い」を放置してはいけない理由

Getty Images

40代以降の女性が「セックスすると痛い」を放置してはいけない理由

「年齢を重ねたら、セックスはしないもの?」答えはNO。いくつになっても楽しく、健やかな性生活を送りたいと思うのは、当然のことです。だけど実際は、年齢による体の変化などで若い頃のようにセックスできない、セックスが痛い、セックスが怖いといった悩みも少なくないようです。性の健康に関するアクティビストでありメノポーズカウンセラーの小林ひろみさんに、40才からの性生活をより良いものにするためのアドバイスをいただきます。

今まで性交痛を感じたことなかったのに、近ごろ痛みを感じるようになった。40代以降の女性からそういった声を聞くことがあります。性交中に「あれ?」と思っていても、よほど痛くなければ忘れてしまいがち。また痛みを忘れてなかったとしても、「『セックスが痛い』ぐらいのことでわざわざ婦人科に行くなんて」と放置したり、「年のせいかも、これを機会に卒業だ」とセックスを遠ざけてしまう人もいるのでは。腟分泌液が減った自覚があり、潤滑剤などの活用で解決すればよいのですが、それでも痛みが継続する場合は、「様子をみよう」とそのままにせず、からだの声として捉えてみることをおすすめします。

セックスの時に痛みを感じるのは病気のサイン?

私もどちらかというと「セックスの時だけの痛みだから」とできる限り我慢してしまうタイプでした。婦人科に行くのは、歯科に行く以上に気が重くなる医療機関。私に限らず、多くの女性が「できれば行きたくない」ところではないでしょうか。しかし、40代以降に始まった性交時の痛みは婦人科系疾患のサインかもしれません。普段、直接触れることがない内性器を誰かに触れられる、振動を与えられるセックスでは、「病気がここにあるよ」と気づかせてくれることもあるのです。特に婦人科系のがん、子宮筋腫、子宮内膜症などは、奥や下腹部が痛む場合が多いと言われていますが、痛い場所に関わらず、痛みがあれば注意をしてください。閉経が近づく年代は、女性ホルモンの減少がはじまり腟内の自浄作用の低下が始まります。外部からの雑菌で炎症も起きやすくなる傾向にあり、今まで女性ホルモンで守られていた婦人科系の健康は、自分で意識して守っていかなければならない年代に入ります。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する