10月18日は更年期の日|女性器まわりの更年期症状にはどんなものがある?専門家が解説

Adobe Stock

10月18日は更年期の日|女性器まわりの更年期症状にはどんなものがある?専門家が解説

「年齢を重ねたら、セックスはしないもの?」答えはNO。いくつになっても楽しく、健やかな性生活を送りたいと思うのは、当然のことです。だけど実際は、年齢による体の変化などで若い頃のようにセックスできない、セックスが痛い、セックスが怖いといった悩みも少なくないようです。性の健康に関するアクティビストでありメノポーズカウンセラーの小林ひろみさんに、40才からの性生活をより良いものにするためのアドバイスをいただきます。

毎年10月18日は、World Menopause Day (世界メノポーズデー)です。メノポーズは日本語で閉経。日本では更年期の日などと呼ばれることも。閉経の平均年齢は50歳。その前後を挟んだ10年間を更年期といいます。「更年期になりたくない」と言っても、思春期と同じで、通り過ぎる年齢の期間。総務省統計局のデータ(※1)によると45~54歳までの女性の人口は913万人。そうあなただけでなく、日本に住む女性の14%が現在更年期の真っ只中。数字でみると、案外仲間が沢山いると安心しませんか。

更年期障害になる人は約2割

更年期に起きる更年期症状のうち、日常生活に支障が起きるほどのことを更年期障害と呼ばれています。更年期障害になる人は、だいたい2割ぐらい。あとの8割は、何らかの症状があっても、やり過ごせる程度だといいます。(※2)私自身は45歳になる前から不眠や気力の低下、手のこわばりで悩み朝起き上がれない、仕事に時間通り行けない、いわゆる更年期障害になりました。一方で、私の母の更年期は大汗、イライラ、日光でじんましんが出ることはあったものの、生活に支障が出るほどではなかったようです。現在48歳の妹は、時々汗に悩まされる程度のみ。まわりの同年代もあまり更年期症状に悩んでいる方はいません。メディアで騒がれるほど、誰にでもひどい更年期症状が起きることではないのです。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

10月18日は更年期の日|女性器まわりの更年期症状にはどんなものがある?専門家が解説
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する