「何年もしていない…」セックスへの焦燥感と女性の価値とは#大人こそ知りたい性のこと

Getty Images

「何年もしていない…」セックスへの焦燥感と女性の価値とは#大人こそ知りたい性のこと

セックスレスは、パートナーがいる人にだけ起こる問題ではありません。今は非婚者も珍しくなく、忙しく過ごしていたらいつの間にか何年もセックスしていないという人も。日常からセックスがなくなった女性の密かな悩みについて、日本のセックスカウンセリングの草分け、臨床心理士の金子和子先生に、お話をうかがいました。

セックスは"しないといけない"もの?

定期的にメディアに登場する「セックスでキレイになる」神話。「輝く女でいたいなら、セックスをし続けなければいけない」という無言の圧力にも感じます。「したくないなら、別にセックスしなくていいのです。でもね、その気持ちはわかります。身近にセックスをしている人がいると、その現役感に当てられてしまうのでしょうね。何度も言いますが、セックスがしたくないなら、別にしなくていいんです」(金子先生)

セックスしないと、蜘蛛の巣が張る!?

都市伝説のように言われていることですが、セックスをしないことにより、女性の体に何か不具合は起こるのでしょうか?

「セックスの前に、更年期による体の変化を知っておいて欲しい。女性ホルモンが低下すると、分泌機能が衰えて、いわゆる『濡れにくい』状態になります。同時に膣の伸びが悪くなるのです」(金子先生)

この事実を知らずに久しぶりに以前と同じ前戯でセックスを行うと、痛いと感じたり上手く挿入できないことが。その結果、女性としての自信を喪失してしまうことも。そんな時は、まずパートナーの理解が必要ですし、サポートしてくれるグッズや治療の手を借りるという方法もありです。気になる人は婦人科へ行くことをおすすめします。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

Text by Yuki Ikeda

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する