「3割の女性がセックスに満足していない」調査結果の意味と40代以降の性生活に欠かせない行為とは

Adobe Stock

「3割の女性がセックスに満足していない」調査結果の意味と40代以降の性生活に欠かせない行為とは

「年齢を重ねたら、セックスはしないもの?」答えはNO。いくつになっても楽しく、健やかな性生活を送りたいと思うのは、当然のことです。だけど実際は、年齢による体の変化などで若い頃のようにセックスできない、セックスが痛い、セックスが怖いといった悩みも少なくないようです。性の健康に関するアクティビストでありメノポーズカウンセラーの小林ひろみさんに、40才からの性生活をより良いものにするためのアドバイスをいただきます。

9月は性に関する学会やイベントが多くあります。性に関することを改めて考える中でふと気にかかるのが、どのくらいの人々が本当にセックスを楽しめているか、ということです。筆者がよく耳にするのは、40代以降のセックスレスやしぶしぶ相手の要望に応じているカップルが多いこと。また若い世代では、風邪で寝込んでいるのに介抱を装って少しの間だけだからと強引にセックスをされたというSNSのつぶやきにたくさんの人が反応していました。セックスをしたい気分じゃない、体調が良くないのに行われるセックスの状況は、そういうフリをしているプレイではない限り誰がみても楽しいとは思えませんよね。

ちょうど昨年の今ごろ、世界性の健康学会で「セクシュアル・プレジャー宣言」が出されました。"プレジャー"とは、「快楽」「快感」「楽しさ」という意味。性的な快楽が性の健康に取り込まれました。性の健康は、自分の性的な事柄に関する良好さを指すのですが、そこにはウェルビーイング(幸福度)が含まれています。人々の幸福度は性的な悦びも必要な要素として以前から認識されていましたが、改めて宣言したことは、その重要性を国際社会へ訴えかけたことになります。

セックスに満足していない女性は3割

日本性科学会セクシュアリティ研究会の中高年を対象にした調査によると、肉体的な面の「セックスの満足感」について、満足していないと答えた男性は全体の1割と比較して女性は3割という結果に。体の構造上、女性の方がオーガズムを得づらいと簡単に片づけていいものか、快楽が得られない性生活をおくる精神的な苦痛も少なからずあるでしょう。

では、性的な快楽とは本来どういうことか。国際学会が提唱するセクシュアル・プレジャーは、自己決定、同意、安全、プライバシー、自信、性に関することを対等に話せる関係性やコミュニケーション能力が揃って性的な快楽が得られるということ。性的同意という言葉をよく耳にしますが、これは長年連れ添うカップル間でも必要なこと。でも、仰々しいものではありません。「今日(セックス)する?」「このタッチで大丈夫?」そしてノーと言える、または、ノーを言われた時に素直に受け入れる関係性です。差別、強要や暴力など受けることがないこと。プライバシーがしっかり保たれた環境で、お互いに要望を言えたり、応じたり、断ったり、自由に気兼ねないやり取りできる性行為。そういった条件が整って初めて、快楽が得られるということ。子供が起きてしまったら、声が漏れてしまったら、相手から体形の指摘や傷つくことを言われたら、そのような心理状態のセックスでは、快楽を得るのは難しく、早く終わってくれと呪文を唱えるセックスになってしまいます。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

「3割の女性がセックスに満足していない」調査結果の意味と40代以降の性生活に欠かせない行為とは
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する