痩せにくい太ももは「筋肉」をほぐせばほっそり脚に!太もも痩せストレッチ【ヨガ動画】

AdobeStock

痩せにくい太ももは「筋肉」をほぐせばほっそり脚に!太もも痩せストレッチ【ヨガ動画】

ダイエットに成功!と思っても、なぜかシルエットが変わらない骨盤周りと太もも。原因は筋肉の硬さかもしれません。座ったまま出来るヨガストレッチで、太もも全体をまんべんなくほぐして、姿勢もむくみも改善された痩せやすい太腿を目指しましょう

足痩せには筋肉をほぐす?

食事や生活習慣を見直して、運動も取り入れて健康的に痩せたのに、下半身のシルエットだけは変化を感じられない・・・そういう経験をお持ちの方は多いかもしれません。太ももが痩せない原因として、過去の運動歴や崩れた姿勢による筋肉の張り、座りっぱなしや冷えから起こるむくみ太り、運動不足などが考えられます。それらに共通して確認したいのは筋肉の硬さ。筋肉の硬さから血行不良が起こり代謝が低下し、太ももが一向にすっきりしない・痩せない、となっている可能性があります。

太ももの筋肉をほぐすヨガストレッチ

前ももの筋肉大腿四頭筋ともも裏の筋肉ハムストリングス。

筋肉
大腿四頭筋/photoAC
筋肉
ハムストリングス/photoAC

全体をほぐし、むくみも張りも解消してほっそりとした太ももを目指しましょう。また、太腿の筋肉が硬いと骨盤や膝が引っ張られ腰痛や膝痛を引き起こすことも考えられますので、しっかりとほぐしましょう。

■やり方とポイント

①太もも全体を手でさすります。その後に、筋肉をつかんで離すをまんべんなく行います。

あぐらの姿勢から、右膝を立てて太ももとお腹をくっつけます。この時、背中は伸ばしたままです。右もも裏に両手を添えて、膝が90度になる位置までゆっくりと右足を上げます。余裕があれば、ふくらはぎか足裏に両手を添えて、さらに右膝を伸ばし腿裏をストレッチします。

③足はそのまま、左手で右足の外側をつかみます。右手は背中の横に置きます。背筋を伸ばして、息を吐きながら足を左側に移動させます。②③を反対足も同様に行います。

④長座から右足を曲げて割り座にします。両手を体の後ろにつき、倒せる範囲で体を後ろに倒します。キープが終わったら肘がつくところまで体を起こし、左膝を曲げて左足を立てます。そこからお尻を少しだけ上げて、腿前をさらにストレッチします。反対足も同様に行います。

ポーズは20秒~30秒キープを目安に行ってください。痛いところまで頑張らず、痛いよりも心地よさが残る、呼吸がしやすい範囲で行いましょう。苦手なポーズがあればその部分が一番凝り固まっているのかもしれません。週に1回でも、定期的にほぐしてほっそりした太ももと疲れにくい体を目指しましょう。

ライター/小野田貴代
ヨガインストラクター・ベビーマッサージセラピスト。学生時代にヨガに出会い、ヨガインストラクター養成講師を経て現在はオンラインを中心に活動。誰もが取り組みやすい、日常に活かすヨガを幅広く伝えている。CM等のメディア監修や健康コラム執筆、 FMラジオパーソナリティとしても活動。初心者から自分のペースで楽しめる「たかヨガ」もYouTubeで配信中。Instagram:@takayo_onoda

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

All photosこの記事の写真一覧

筋肉
筋肉
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する