甘いけど太らない?低GI&低カロリー「デーツ」を使ったヘルシーおやつ【焼かないココアブラウニー】

甘いけど太らない?低GI&低カロリー「デーツ」を使ったヘルシーおやつ【焼かないココアブラウニー】

甘いものは食べたいけど、カロリーや添加物などの摂取に罪悪感を感じてしまうことはありませんか?この連載では、【小麦・砂糖・乳製品・卵】不使用ロースイーツと焼き菓子をコラボさせ混ぜるだけの簡単&美味しいヘルシースイーツを紹介していきます。お菓子作りに慣れていない人にもチャレンジしやすいレシピなので、おうち時間が増えている今こそチャレンジしてみて。「心と体が喜ぶスイーツ」で、日々を楽しく元気に過ごしましょう!

寒い時期にぴったりな「ココア」を使ったヘルシーおやつ

外に出るともうかなり肌寒く、ホットココアを飲みたくなる時期になりましたね。ココアパウダーを購入した際のココアの有効活用として、ココアブラウニースイーツをご紹介しようと思います。ココアもお砂糖たっぷりで甘くし過ぎると糖質やカロリーが気になる所です。

甘いけど太らない?「デーツ」のうれしい栄養価

今回ご紹介するブラウニーに使う甘味料ですが、ナツメヤシと呼ばれるヤシ科の果実、「デーツ」を使っていきます。デーツは黒糖に似た濃厚でクセのない甘味が出るのが特徴なので、ココアともよく合うのではないでしょうか。スーパーフードやダイエット食品としても注目が高まり、近年量販店でもよく見かけるようになったこのデーツ。

デーツ
デーツ/photoAC

実は様々な栄養素が含まれる栄養価の高い食品なのですが、血糖値の上がりにくい低GI食品でもあり、気になるカロリーはというと、100gあたりで約266kcalと、意外と低カロリーなのです。

脂質は100gあたり約0.2gしかなく、脂質の摂取量にも神経質になることなく食べらます。甘味が出る割に、罪悪感なく食べられる点がとても魅力的ですよね!食感のほうは、ねっとりという感じですので、デーツ単体で食べる時には好みが分かれるかもしれません。ただ、ここにアーモンドやクルミなどカリカリ食感の出るナッツを足すと、互いの相性が抜群に良くなります。更にナッツの持つ香ばしさがデーツの甘味と相まって、単体での甘過ぎをマイルドにもしてくれます。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

甘いけど太らない?低GI&低カロリー「デーツ」を使ったヘルシーおやつ【焼かないココアブラウニー】
ブラウニー
デーツ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する