肉のない精肉店?英国初ヴィーガン向け精肉店「Rudy’s Vegan Butcher」がオープン

Rudy’s Vegan Butcher

肉のない精肉店?英国初ヴィーガン向け精肉店「Rudy’s Vegan Butcher」がオープン

成瀬美紀
成瀬美紀
2020-11-04

ヴィーガンとは肉や魚・乳製品・はちみつといった動物性由来のものを一切食べない完全菜食主義者のことを指します。毎年11月1日は「世界ヴィーガンデー」。そんなヴィーガンの日にロンドンにオープンしたお店をご紹介します。

大豆ミートやグルテンミート…代替肉を売る精肉店

2017年ノースロンドンにあるカムデンタウンに、ロンドン初全ヴィーガンメニューのアメリカンダイナー(アメリカの食堂のようなもの)「Rudy’s Vegan Diner」がオープンしました。ハンバーガーやホットドック・バッファローウィング・ミルクシェイクを販売するレストランとして人気を集めています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Rudy's Vegan Diner(@rudysdvd)がシェアした投稿 - 2019年 9月月24日午前10時25分PDT

そして今回11月1日の世界ヴィーガンデーに合わせて、イズリントン地区に国内初となるヴィーガンのための精肉店「Rudy’s Vegan Butcher」がオープンしました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Rudy's Vegan Diner(@rudysdvd)がシェアした投稿 - 2020年10月月30日午後2時27分PDT

ルディーズでは、すべて大豆やグルテンミートを原料とした代替肉から作られており、動物性のものは一切置いていません。

例えば、肉や乳製品を使わずに製造された植物ベースのスモークハムやサラミ・ベーコン・ソーセージ・レバーパテ・スクランブルエッグなどがあり、自宅でヴィーガンイングリッシュ・ブレックファストを作ることができるすべての材料が揃っています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Rudy's Vegan Diner(@rudysdvd)がシェアした投稿 - 2020年10月月25日午後3時29分PDT

他にも自宅で簡単に作ることのできるDIYキットがオンラインで購入でき、イギリス国内は配送可能です。11月5日から始まるイギリス二度目のロックダウンにも人気が高まりそうです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Rudy's Vegan Diner(@rudysdvd)がシェアした投稿 - 2020年10月月14日午前4時00分PDT

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Rudy's Vegan Diner(@rudysdvd)がシェアした投稿 - 2020年10月月12日午前4時10分PDT

イギリスではこの5年間でヴィーガン製品の売り上げが4割ほど伸びています。クリスマスに向けて、ヴィーガンローストターキーも準備も行われているそうです。ますます注目が集まる代替肉、ヴィーガン志向ではない方も一度試してみたいものですね。

ライター/成瀬美紀
ヨガインストラクター。2010年にピラティス・ヨガを始める。その後、国内外でピラティスやヨガ・サップヨガなどのインストラクター資格を取得し、東京にてインストラクターとして活動。 現在はイギリスロンドンに在住。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

肉のない精肉店?英国初ヴィーガン向け精肉店「Rudy’s Vegan Butcher」がオープン
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する