「下着姿を見られたくない」「人前で着替えるのが恥ずかしい」肌を露出せずに着替えるための3つの工夫

Adobe Stock

「下着姿を見られたくない」「人前で着替えるのが恥ずかしい」肌を露出せずに着替えるための3つの工夫

ヨガは大好き!でも実は、更衣室で肌や下着を見られるのが恥ずかしい…。みんなは平気で着替えているけれど、どうしても気になってしまうというという方は、こんな方法を試してみてください。

①アスレジャーを楽しむ

アスレジャーは「アスレチック/運動」と「レジャー/余暇」を組み合わせた造語。スポーツウェアを普段着に取り入れたスタイルで、普段からスポーツテイストがお好きな方にお勧めです。ヨガウェアを私服のコーディネートに取り入れてしまえば、そのままの服装でヨガレッスンにも参加できます!今ではアスレジャーのスタイルに合わせてデザインされたヨガウェアもありますので、お気に入りのウェアでファッションを楽しんでみてください。

②服の下にヨガウェアを重ね着

普段着の下にヨガウェアを着ておけば、スタジオに着いたら服を脱ぐだけで着替えは終了!下着や肌を一切露出せずに済むので安心です。ヨガで汗だくにならない限り、帰りもヨガウェアの上から服を着て帰ることができます。

トップス重ね着のポイント

ヨガウェアの肩紐や背中部分は見えてもかわいいデザインばかり!”見せインナー”として服の色と合わせてコーディネートを楽しむのもよいですね。

レギンス重ね着のポイント

タイトなレギンスであれば、パンツスタイルの下に履いてもほぼ違和感なし。レギンスとの重ね履きが窮屈に感じる方は、ワイドパンツやロングスカートがお勧めです。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

「下着姿を見られたくない」「人前で着替えるのが恥ずかしい」肌を露出せずに着替えるための3つの工夫
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する