筋トレの効果を高めるカンタン準備体操|50歳からの苦しくない自重筋トレ

photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

筋トレの効果を高めるカンタン準備体操|50歳からの苦しくない自重筋トレ

ポーズをとったときにグラつく、キープがキツイ......と年齢を重ねると衰えを感じやすいもの。でも諦めるのは早計!筋肉は関節と違い、いくつになっても鍛えれば強くなります。そこで、50歳からの無理なく筋力UPできる方法をご紹介!

軽い負荷でじんわり刺激し衰えがちな筋肉を強化

「50歳を過ぎると筋肉量の減少が加速するとともに、女性の場合は閉経などによるホルモンバランスの変化によって筋力が衰えやすくなります」と近藤真由美先生。

日常生活を快活に送るためにもヨガを楽しむためにも、筋肉はできるだけキープしておきたいもの。「そこでおすすめは自重筋トレ。これはアイソメトリック(等尺性筋収縮)と呼ばれるもので筋肉の長さを変えずに行うトレーニング法。具体的には手と手、足と床などに6〜7割程度の軽い負荷をかけて刺激し合い筋肉にじんわり効かせます。反動を使わずにゆっくり動いてキープし、繰り返すことがポイント。これを大きい筋肉がある下肢、体幹、呼吸機能に関わる胸部をターゲットに行うことで、何歳になってもよろけず、パッと走り出せる筋力がつきます!」

自重筋トレのポイントは、ゆっくり行う・キープして繰り返す

体の動きを確認しながらゆっくり動き、自分の重みを負荷にしてキープ。インターバルをおき、呼吸を整えてから再び繰り返します。

まずは、自重筋トレの前にヨガの準備体操:スークシュマ・ヴィヤヤーマで体のこわばりをほぐそう

インドではアーサナの前にスークシュマ・ヴィヤヤーマを行い、体を十分にほぐしてからポーズに入ります。この全身をストレッチするヨガの準備体操を取り入れ、筋トレ前に硬い筋肉を柔らかくほぐし、体を温めてから行いましょう。

1.ターラーサナ

脚を腰幅に開いて立ち、両手を上げ、手のひらを外に。腕をクロスして両手のひらを合わせる。両足で床を押し、上下に伸びる→上半身を左右に倒す→ツイストを各5~10秒キープ×5回。

50歳からの苦しくない自重筋トレ
手はクロス
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
50歳からの苦しくない自重筋トレ
左右にたおす
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
50歳からの苦しくない自重筋トレ
左右にツイスト
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

2.ウトゥカターサナのアレンジ

背中・胸・腕をストレッチ。壁の前に立ち、手を上げて手のひらとつま先を壁につける。そのまま腰を下ろして5~10秒キープ×5回。

50歳からの苦しくない自重筋トレ
つま先はつける
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
50歳からの苦しくない自重筋トレ
手をはなさず腰を下ろす
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

教えてくれたのは...近藤真由美先生
ヨーガ講師。全米ヨガアライアンスE-RYT500、インド政府公認プロフェッショナルヨーガレベル2取得。アシュタンガヨガの練習とともに、学術的リソースによる伝統的ヨーガを包括的に学び、実践、指導している。監修書籍『やさしいヨガプログラム』(朝日新聞出版)等。

モデル…長谷川ミキさん
モデル。18歳の時に雑誌『non-no』(集英社)でモデルデビュー。現在も女性ファッション誌を中心に、雑誌や広告等で幅広く活躍中。また、全米ヨガアライアンスRYT200を取得。

photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
hair&make-up by Michio Shimizu
illustration by Nana Suzuki
text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.69掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

50歳からの苦しくない自重筋トレ
50歳からの苦しくない自重筋トレ
50歳からの苦しくない自重筋トレ
50歳からの苦しくない自重筋トレ
50歳からの苦しくない自重筋トレ
筋トレの効果を高めるカンタン準備体操|50歳からの苦しくない自重筋トレ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する