白い部分にも栄養が? スイカが"天然のスポドリ"たる理由と夏におすすめの取り入れ方

Photo by Floh Maier on Unsplash

白い部分にも栄養が? スイカが"天然のスポドリ"たる理由と夏におすすめの取り入れ方

佐藤 舞
佐藤 舞
2020-07-28

暑い日が続き、体内から水分や塩分が失われたり、体温が上昇したりすることで起きる熱中症。そんな熱中症を予防して、夏を乗り切って過ごしたいですね。この時期の熱中症対策におすすめな食材は、夏の風物詩でもある“スイカ"。夏のカラダに最適な栄養素が詰まっている"スイカ"の魅力と、意外と知らない!?スイカの白い部分の皮の美味しい活用術をご紹介します。

熱中症対策に!天然のスポーツドリンク

夏の暑い時に食べたくなる食材のひとつに、"スイカ”を思い描く人は多いのではないでしょうか。色鮮やかな真っ赤なボタニカルカラーと、みずみずしく清々しい香りで涼を味わえるスイカは、夏の味覚を代表する食材ですね。古くから、暑い夏の熱中症予防をサポートし、夏に適した食材として使われてきました。

夏の暑さと共に、昨今ではマスクを着用した新しい生活スタイルにより、例年より熱気にぐったりしがちです。カラダへのダメージを感じやすく、熱中症対策が大切です。

熱中症対策には、水分補給は大事なポイントです。スイカは約90%が水分で出来ているので、まさに夏には最適の食べ物です。スイカは、夏に発汗で奪われやすい体液を補ったり、のどの渇きを潤し、熱の症状からカラダを守ってくれます。汗をかいた時には、水分だけでなくカルシウムやマグネシウム、カリウムといったミネラルも一緒に排出されてしまっているので、水を補給と共に、塩分の摂取も必要です。

スイカには、わすがですが、糖分やカリウム・カルシウム・マグネシウム等のミネラルも含まれています。スイカは、水分量を多く含んでいるので、微量の食塩を加えるとスポーツドリンクと同じような効果が期待できると言われています。「スイカ+塩」の組み合わせは、夏にぴったりのヘルシーなおいしい食べ方。天然のスポーツドリンクとして、取り入れのがおすすめです。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

スイカの即席漬物
白い部分にも栄養が? スイカが"天然のスポドリ"たる理由と夏におすすめの取り入れ方
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する