TikTokはヨガのイメージをどのように変えるのか

Getty Images

TikTokはヨガのイメージをどのように変えるのか

60秒の動画が次世代のヨギーたちを育んでいる。

TikTok(ティックトック)は、Vine(ヴァイン)の簡潔性とYouTubeのストーリーテリング性を兼ね備えた中国発の動画共有アプリだ。ヨガ動画を中心に投稿するクリエーターたちは、最大60秒の動画で難易度の高いポーズやパートナーヨガに取り組む姿をシェアし、彼らが上達していく様子を見守る視聴者たちに愛を広めている。

100万以上の「いいね」を獲得したヨガ動画

ヨガが、現代テクノロジーで独自の存在感を放っているのは、この古代プラクティスが最先端のメディアを通じて成長し、拡大し続けているためだ。

TikTokで@ProYogaExpartsとして知られる22歳の二人組、ボリ・パリハーとディビヤンシュ・シャーマの例をあげよう。彼らのリズミカルなヨガ動画は、累計100万以上の「いいね」を獲得している。「TikTokではフォロワーでなくても誰もが動画を見られるので、良いコンテンツであれば平等に評価される」と二人は考えている。ここが他のアプリとは異なる点だ。

クリエイターのフォロワー数にかかわらず、コンテンツが認められて「おすすめ(レコメンド)」に表示されれば、一気に拡散される可能性が高まる。このインフルエンサー時代にオンラインプレゼンスを高めるには特に効果的だ。 「TikTokのアカウントはInstagramやYouTubeと連携できるので、他のソーシャルメディアでのフォロワーも増やせるからだ」と ProYogaExpertは説明する。

数字で知るTikTok

・世界中でのダウンロード数は15億

・アメリカのユーザーの60%が16〜24歳。

・#yogaのハッシュタグの閲覧者は11億人

・月間アクティブユーザー数は5億人。Twitter(3.3億人)Snapchat(2.1億人)よりも多い。

text by Kyle Houseworth
translation by Sachiko Matsunami

All photosこの記事の写真一覧

TikTokはヨガのイメージをどのように変えるのか
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する