【ヨガ動画】苦手を一瞬でクリア!自分史上もっとも「開脚」ができるようになるエクササイズ

Photo by Katee Lue on Unsplash

【ヨガ動画】苦手を一瞬でクリア!自分史上もっとも「開脚」ができるようになるエクササイズ

おうち時間が増えたこの時期は、ヨガの「苦手」と向き合ってみる絶好のタイミング。今回は、NY在住でシリーズ100万部突破の「ゼロトレ」の考案者・石村友見さんが、YouTubeで約30万回再生を記録した驚くほど開脚が上達するエクササイズをご紹介!

開脚なのに内股!?  耳を疑いたくなりますが、実は内股の動きこそが開脚エクササイズのポイント。「本当は内緒にしたい!」と言う極秘メソッドを参考に、ヨガの開脚ポーズを安全に深めて。

自分史上もっとも「開脚」できるようになるエクササイズ

 

やり方

1.折りたたんだタオルをお尻の下に敷く。体が硬い人はタオルの厚さを高くする。

2.両脚を無理のない範囲で開く。

3.両手で腿を持って内側に向けて、内股の状態にする。

4.腰を立たせ、息を吐きながら行けるところまで前屈。

5.再度、両手で腿を持ち今度は外側に開く。膝を伸ばすと股関節を痛めるので曲げておく。

6.腰を立たせ、息を吐きながら行けるところまで前屈。繰り返すうちに股関節と周辺の筋肉がゆるんで開脚が深まり、自然と膝が伸びる。

ポイント

・腰を丸めて力ずくで前屈を深めるのはNG。

・タオルで高さを出すと、斜め下への重力がかかりやすく前屈がラク。

・腰を立たせると股関節の可動域が広がりやすい。

・一旦、脚を内股にすると外側に向きやすくなる。

・前屈時、おでこではなくおへそを床につけるように意識すると背中が伸びる。

変化は感じられましたか?

石村さんのYouTube「石村友見チャンネル」には、他にも体がぐんぐん変わる必見の動画が満載。ぜひチェックしてみてくださいね!

最後にNYの石村さんよりメッセージです!

「みなさんこんにちは石村友見です。私が代表を務める株式会社Body Tone New Yorkでは、ご自宅にいながら簡単に学べる『ダイエット』と『健康法』のプログラムを多数ご用意しています。その他にもオンラインで資格が取得できる『Body Tone New York インターナショナル・ボディメイク・アカデミー オンライン』を開講し、女性のための『キャリアチェンジ』や、『キャリアアップ』を応援いたします。みなさまの 『Change(チェンジ)!』のお手伝いができたら嬉しく思います」

教えてくれたのは...石村友見さん
ヨガスタジオ「Body Tone New York」代表。「ゼロトレ」考案者。劇団四季の人気舞台「ライオンキング」に女王サラビ役で出演。その後、単身ニューヨークへ。35歳のときに、2000人がオーディションを受けたブロードウェイミュージカル「ミス・サイゴン」のミス・チャイナタウン役に抜擢される。その後、ニューヨークにてヨガスタジオ「Body Tone New York」を創設。体の各ポジションを元(ゼロ)の位置に戻すことで、キレイにやせて、不調を改善する「ゼロトレーニング」(通称「ゼロトレ」)を発表。ニューヨークで大きな話題となり、日本では2018年5月に発売した初の著書『ゼロトレ』(サンマーク出版)は86万部を超える大ベストセラーになり、テレビからも出演依頼が殺到。『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系列 2018年8月3日放送)、『林先生が驚く 初耳学』(TBS系列 2018年7月8日放送)など、人気番組に次々出演。2019年9月に発売した『動かないゼロトレ』も15万部となり、シリーズ100万部を突破した。ヨガの指導者養成にも力を入れ、ヨガアライアンス(RYT200)のオンライン講座もスタートする。

text by Ai Kitabayashi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

【ヨガ動画】苦手を一瞬でクリア!自分史上もっとも「開脚」ができるようになるエクササイズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する