手洗いやハンドサニタイザーによる手荒れに!皮膚科医が教えるハンドケア

Photo by iMattSmart on Unsplash

手洗いやハンドサニタイザーによる手荒れに!皮膚科医が教えるハンドケア

成瀬美紀
成瀬美紀
2020-04-21

新型ウイルスの感染が拡大する中、手洗いの徹底やサニタイザー(アルコールジェル)による消毒が感染対策として推奨されていますが、手洗いや消毒を繰り返し「手荒れ」を引き起こしてしまう方も多いのではないでしょうか。そこでイギリスで人気の皮膚科医によるハンドケアをご紹介します。

過剰な手洗いは皮膚のバリア機能を低下させる原因に

ロンドンを拠点に活躍する皮膚科医のアンジャリ・マフト医師。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dr Anjali Mahto BSc MBBCh FRCP(@anjalimahto)がシェアした投稿 - 2019年 1月月1日午前7時32分PS

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dr Anjali Mahto BSc MBBCh FRCP(@anjalimahto)がシェアした投稿 - 2020年 4月月5日午前3時28分PDT

アンジャリ・マフト医師によると、手洗いやアルコール消毒のしすぎも逆効果になるのだとか。これらの製品を過剰に使用することにより、表皮の上層にあるタンパク質を傷つけ必要な皮脂まで取り除いてしまうため、皮膚のバリア機能を低下させることに繋がるそうです。

そのため手が赤く荒れ、乾燥やかゆみ・うろこ状になりひび割れなどの刺激性接触皮膚炎を引き起こしやすくなります。また細菌の感染症にまで繋がる可能性があるそう。

Photo by Jasmin Sessler on Unsplash
Photo by Jasmin Sessler on Unsplash

 

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

Photo by Kelly Sikkema on Unsplash
Photo by Jasmin Sessler on Unsplash
Photo by Kelly Sikkema on Unsplash
mia-moessinger-8PLkPBoI_TU-unsplash
手洗いやハンドサニタイザーによる手荒れに!皮膚科医が教えるハンドケア
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する