敏感肌を悪化させてない?医師が教える正しいスキンケア【美容皮膚科医 山崎まいこ先生に学ぶ ♯2】

photo by Hiromi Hashimura

敏感肌を悪化させてない?医師が教える正しいスキンケア【美容皮膚科医 山崎まいこ先生に学ぶ ♯2】

外的刺激や生活習慣が原因で、近年は肌が敏感になる人が増えているそう。肌が敏感に傾いている時は、いつものスキンケアをしていても、敏感になったり乾燥が軽減しなかったりと悩むことも多いですよね…。「まいこ ホリスティック スキン クリニック」院長の山崎まいこ先生に、肌が揺らいで敏感な時に、見直したいスキンケア習慣を教えていただきました。

肌が敏感な時に見直したい、スキンケア

普段、何気なくしているスキンケアが、肌トラブルを悪化させているかもしれません。これを機に見直してみましょう。

山崎まいこ先生
Photo by Hiromi Hashimura

1.化粧水がしみてしまう時は、オイルやクリームだけでもOK

最初は肌の乾燥かなと思って、化粧水を重ねづけしがちですが、バリア機能が低下してキメが乱れた肌に浸透しすぎて刺激になり、悪循環になってしまうことも。

「まずは肌になじみやすい油分のオイルやクリームで保護して、バリア機能を正常に整えることが必要です。クリームは、肌にフタをして水分の蒸発を防いで保護してくれるこってりとしたテクスチャーが◎。こってりしたクリームやオイルのベタつきが苦手な人は、オイルと水分の二層式美容液などが増えていて、肌馴染みもよくおすすめですよ」(山崎先生)

text by Hitomi Takano
photos by Hiromi Hashimura

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

山崎まいこ先生
山崎まいこ先生
山崎まいこ先生
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する