敏感肌を悪化させてない?医師が教える正しいスキンケア【美容皮膚科医 山崎まいこ先生に学ぶ ♯2】

photo by Hiromi Hashimura

敏感肌を悪化させてない?医師が教える正しいスキンケア【美容皮膚科医 山崎まいこ先生に学ぶ ♯2】

2.「朝は、ぬるま湯ですすぐだけ」はNG。きちんと洗顔を

乾燥肌や敏感肌だからと言って、朝の洗顔はぬるま湯ですすぐだけという人も多いのでは? 実は逆効果なのだそう。

「朝の肌は、前夜のスキンケアの残りやタンパク質汚れ、角質などが溜まりやすいので、きちんと洗顔料を使って洗いましょう。刺激が気になる人は肌に優しいミルクタイプなどでもOK。敏感で乾燥しやすくなっている肌は、ターンオーバーも乱れやすく、肌がごわついたり角質が溜まりやすくなったりしている場合も。くすみの原因にもなります。きちんと汚れを落としたら、保湿はしっかりと行いましょう」(山崎先生)

3.摩擦は肌への負担になるので要注意

クレンジングやスキンケアをする時を思い出してみてください。こするように使っているなら、NG。肌の負担になってしまいます。

「例えば、クレンジングはオイルやミルクなどいろいろなテクスチャーがありますが、大切なのは使う時に摩擦がかかるかどうか。肌に優しいミルクタイプでも、しっかり落ちないからとこすって洗ってしまうとNG。使い方や使用量なども見直して、摩擦をかけないように気をつけましょう」(山崎先生)

山崎まいこ先生
Photo by Hiromi Hashimura

text by Hitomi Takano
photos by Hiromi Hashimura

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

山崎まいこ先生
山崎まいこ先生
山崎まいこ先生
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する