ハワイからレポート:ロックダウン中のハワイ、ヨガ業界の今。

Saori Teraoka

ハワイからレポート:ロックダウン中のハワイ、ヨガ業界の今。

寺岡早織
寺岡早織
2020-04-16

新型コロナウイルス対策のため、3月23日から事実上ロックダウン(都市封鎖)に入ったハワイ。不要不急の外出以外は完全に控えるようにと外出禁止令が出され、ハワイ州への渡航自粛も要請されています。今実際にローカルの人たちがハワイでどんな生活をしているのかを現地からレポートします。

ロックダウンまでのハワイ

◆3月6日にハワイで初の新型コロナ感染者が確認される。

◆3月初旬に開催される予定だった「ホノルルフェスティバル」がキャンセル。

◆3月中旬になると、ハワイにある店舗が営業時間短縮や、閉店を発表。アラモアナセンターも時短営業となる。

◆3月17日にはハワイ州知事イゲ氏が「30日間ハワイ州への渡航自粛を要請」

◆3月20日より4月3日までの間、レストランはテイクアウト、デリバリー、ドライブスルー営業のみ許可。(現在は4月30日までに延長されている)

◆3月23日16時半〜4月30日、オアフ島の外出禁止令施行。(現在はハワイ州全土で実施)市営の公園、ゴルフ場などを閉鎖すると発表。

◆3月26日よりハワイ州外からの渡航者に対して14日間の強制検疫・自己隔離を義務付けると発表。

3月19日にカリフォルニア、3月22日のニューヨークに次いで、ハワイは3月23日にロックダウンに入りました。その時点ではまだそこまでハワイでの感染者数が報告されていなかったため、いきなりのロックダウンに戸惑う人も多かったようです。しかしながら、ハワイで確認された感染者はほとんどが旅行などでハワイ以外の地域を訪れた際に感染したという現状からも、ハワイへの渡航制限要請は住民からは賛成の声が多い印象でした。

現在はスーパーやドラッグストア、ガソリンスタンドなどのEssential business(生活に必要不可欠な)お店をのぞいては全てのお店がクローズされています。

食料品の買い物、医療サービスを受けること、健康を維持するための屋外でのエクササイズ(ウォーキング、ジョギング、ハイキング、スイミング、サーフィンなど)や犬の散歩などの外出は認められていますが、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を6フィート(1.8m)とるようにと言われています。

日本と大きく違うのは、この外出禁止令は大きな権限を持ちます。違反した人は5,000ドル(約55万円)の罰金、禁固刑1年の片方または両方が課されます。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する